国内最大のクルーズ客船「飛鳥Ⅱ」が高松港に寄港しています


「飛鳥Ⅱ」の概要:
 建造年:1990年(2006年改装)  総トン数:50,142トン
 全長:241メートル          乗客定員:872名
 ※「飛鳥◇」は国内最大のクルーズ客船。

日程:
 入港 2012年10月25日(木曜日)午後
 出港 2012年10月26日(金曜日)午前
 ※入出港の時間は調整中です。

クルーズツアーの概要:
 旅行企画・実施:株式会社農協観光香川支店(電話 087-822-8282)
 旅程:平成24年10月26日~10月29日(3泊4日)
 高松港発 ― 西九州 ― 済州島(韓国)― 松山港着
 販売:2月から販売を開始(予定)

クルーズ客船「飛鳥II」がサンポート高松に初寄港します

サンポート高松の客船バースは、これまで2万トン級の船舶が接岸できる規格でしたが、世界的に客船が大型化する中で、昨年10月に5万トン級岸壁にリニューアルし、大型客船の寄港に向けて、国内外の船会社などに誘致活動を行ってきました。
 その結果、郵船クルーズ株式会社が所有するクルーズ客船の「飛鳥◇」について、10月26日に高松港を出発するクルーズツアーが企画され、10月25日に高松港に初入港することが決まりました。
 「飛鳥◇」の寄港をきっかけに、今後、インバウンド(お客様を乗せて高松港に入港し、香川県内を観光するケース)も含め、国内外のクルーズ客船の寄港が増加するよう、一層の誘致活動に取り組んでいきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です