美術手帖に掲載 ペピン結構設計 蜜の味

美術手帖に掲載 [Link]
ペピン結構設計 蜜の味


一年かけて内装の設計・施工を担当させて頂いた、
ペピン結構設計の舞台、“蜜の味” が今月の美術手帖に掲載されました。
表紙がなんだかめでたいかんじのやつです。
 美術手帖
 2006/09/17発売号  2006年10月号
 特集 入門★中国美術~世界で一番元気なアートシーン
掲載はP198。うれしいことに東京エリアギャラリーレビューの
最初のページをまるまる使って紹介して頂きました。
ペピンポート内装の工程に関してはこちら
蜜の味の舞台美術に関してはこちらをご覧下さい。
10月までペピンポートは残っていますので、よかったら見に来てください。
って普段は空いてないのかな。閉鎖前に一般公開してくれたらいいのですが。
どうなんでしょ、ペピンさん。
奈良(奈良美智)さんの「AtoZ」レポート、
伊藤若冲と雪舟に関する対談、
2012年にリニューアルを予定しているテイトモダン、
テイトブリテンで開催していたコンスタブル ザ・グレートランドスケープ展、
同じくロンドンの 自然史博物館の気候変化のアート展のレビューもチェック。
参考:
#0057 ペピン結構設計 【ペピンポート】 アトリエ内装設計 [Link]
#0060 ぺピン結構設計【蜜の味】 舞台美術/サイン計画 [Link]
美術出版社 BT 美術手帖 [Link]
ペピン結構設計 [Link]

← Previous post

Next post →

2 Comments

  1. satomi

    なんかやりましょっか、さかぐっつぁん!

  2. どうも、さかなっつぁんです。
    ぜひっ。見れなかったという友人がたくさんいるんです…
    なんせ小規模公演でしたしね。
    演劇に疎い人たちにこそ、
    ペピンや印象の公演は見てもらいたい所です。
    でも僕日本にいないかも~(+_+)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebook
Facebook
Google+
PINTEREST
INSTAGRAM