江戸の遺産 玉川上水(跡)を川下り タモリ倶楽部


[Link]

タモリ倶楽部で玉川上水特集
玉川大学 渡部一二教授。
江戸の飲料水不足を回復するためにつくられた上水道。
立川断層を超える。
 > 江戸時代に、玉川兄弟が江戸の水源を確保するために私財を投じて工事を行い、
 > 1653年(承応2年)4月4日開削工事開始、同年11月15日開削工事完了。
 > 翌年1654年(承応3年)より江戸市中への通水が開始された。
 > 羽村(現在の東京都羽村市)から四谷大木戸(現在の東京都新宿区四谷)まで
 > の43kmが露天掘りで、四谷水番所からは木樋や石樋などで地下水道となっていた。
 > 江戸の飲料水の貴重な水源であったが、
 > 1722年(享保7年)以降の新田開発によって多くの
 > 分水(用水路)が開削され武蔵野の農地へも水を供給し、
 > 農業生産にも大いに貢献した。(代表例、野火止用水、千川上水)
 > 1870年(明治3年)4月15日より玉川上水は船の通行が許可され、
 > 多摩地区からの農産物を東京市街へ運搬していた。
 > しかし、東京市街の飲料水としても利用される玉川上水は
 > 船運による汚染(特に船員が上水に糞尿したこと)が問題となり、
 > 1872年(明治5年)4月15日、許可後2年間で禁止された。
 > これが、後の多摩地区の東京府への編入理由となった。
  
参考:
立川断層の状況 [Link]
玉川上水・立川 [Link]
玉川上水 – Wikipedia [Link]
タモリ倶楽部 – テレビ日記 – Yahoo!ブログ [Link]
Orange Garden Extra 【#139】「ゴールデン相棒ウィーク」 玉川上水跡 [Link]
TVais [Link]


「江戸の遺産 玉川上水(跡)を川下り タモリ倶楽部」への3件のフィードバック

  1. ロンドン最大のストリートギャラリー – one spirit showcase: Urban gallery. London’s Largest Street Exhibition

    ロンドン最大のストリートギャラリー。オンラインコンペで入賞した作品が 建築物の工…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です