「この年になって夢みられるなんて最高や!」石の島、北木島 The dream island “Kitagi”

Posted on 3月 24, 2016 in あるく・みる・きく, タグ: , ,

靖国神社の鳥居や日本橋に使われている石の島、お笑い芸人「千鳥(ちどり/おかやま晴れの国大使)」の大悟の出身地としても有名な北木島(きたぎしま)に行ってきました。自然農やヤギの酪農、炭焼きなど自給自足生活を試みている「島のSARAI」のクニさんの石窯ピザを囲み、多くの外国人観光客を案内している島の仙人こと中村典生さんの島での暮らしをお聞きしました。 「この年になって夢みられるなんて最高や!」と楽しそうに話す北木島の仙人こと、中村さんの笑顔がとても印象的でした。2016年9月17日〜19日には「北木島ピースフェスティバル」が開催されるとのこと。

I went and took photographs to Kitagi island, Seto Inland Sea, Japan. There is a stone-field in the island. Kitagi stone are used in masonry construction of famous architecture, for example Yasukuni shrine, Nihonbashi bridge and Nihon bank. We, the member of the magazine “Setouchi-gurashi”, listened to valuable story of the island’s inhabitants has become very helpful to us. Mr. Nakamura who is called “Master of Kitagi” said “I’m very happy to have a dream in this island”. It was very impressive words for me. “Kitagi island peace festival” will take place 17th – 19th September 2016.

DSC_8809 島の採石場。危険な場所なので普段は立ち入り禁止のところを
特別に許可をいただいて撮影させていただきました。

DSC_8829 北木島(きたぎしま)で採れる北木石は、靖国神社の鳥居・日本橋・日本銀行本店・明治生命館・神奈川県立博物館(旧横浜正金銀行)・中之島中央公会堂(大阪)など名だたる日本の石積み建築に使われています。

DSC_8832
DSC_8834 雨水が溜まり太陽の光が通ってエメラルドグリーンの綺麗な色に光っています。

DSC_8839 船着場。護岸と小屋が石積みでつながっている独特な景観を作っています。

DSC_8780 こちらは他の船着場。海藻を干しています。
江戸時代には、「加子浦(かこうら)」と呼ばれる漁業の占有権を認められた
水主役(かこやく)を請け負った漁村で漁業も盛んでした。

DSC_8776 手漕ぎの木造船が浮かんでいました。まるで映画のワンシーン。

DSC_8893 自然農やヤギの酪農、炭焼きなど自給自足生活を試みている「島のSARAI」

DSC_8921 ここで暮らすクニさんが石窯ピザをご馳走してくださいました。とっても美味しかったです!

DSC_8924 ピザを囲んで島での暮らしや夢をたくさん聞かせて頂きました。

DSC_8932 オリジナルでつくった島の曲。9月には「北木島ピースフェスティバル」があります。

DSC_8906 古民家が、島のライブ会場になっています。これだけで楽しい島ぐらしが想像できます。

DSC_8896
奈良から北木島に移住された、島の仙人こと中村典生さん。
港に迎えに来てくださって、明るく元気いっぱいに島を案内してくださいました。
中村さん、クニさん、ありがとうございました!

Leave a Reply