本物のダシの香りがいただけるうどん屋「石川うどん」

Posted on 9月 23, 2012 in , タグ: , ,

化学調味料をつかわないこだわりの讃岐うどん屋が香川県丸亀駅の近くにあります。
以前国分寺にあったお店がこちらに移動し、公共交通でも足を運びやすくなりました。
香川県には約900軒うどん屋があるのに、
実は化学調味料や保存料を使ってない讃岐うどんのお店は、ほとんどありません。
本物のダシの香りを楽しむことのできる貴重なうどん屋さんです。

讃岐の香り 石川うどん
電話:0877-21-7767
住所:香川県丸亀市福島町54−8 [Google Maps]
定休:火曜日
時間:10:00~15:00  金・土曜日は夜営業  17:30〜20:30


もちろん、主役のうどんと出汁もうまい。
とくにこのイリコ出汁の香りがいい。
化学調味料つかってないだけで、こんなに香りが違うんだと驚かされます。
いままで飲んでたうどんの出汁はなんだったんだっ。



香川県観音寺の沖合10kmに浮かぶ伊吹島(いぶきじま)。
この伊吹島でとれる伊吹産煮干しは漁から加工までの一貫生産で
形・味ともに最高級品です。
伊吹島周辺で漁獲したカタクチイワシをつかった煮干(イリコ)の品質の良さは
煮干業者の間でも日本一と言われているそうです。

出汁のこだわり
お店で作っている『出汁』は、化学調味料を一切使用しておりません。
ですので本当の讃岐うどんとしてお客様に提供しております。
最近では『ひやかけ』というメニューがありますが、化学調味料を使用していない出汁を冷やすと、
『いりこ』等の苦味が出てしまいます。
本当の讃岐うどんをご賞味ください。



天ぷらうどんを頼んだらでてきたぶどう。
香川県国分寺町の「明石園芸」さんがつくっている瀬戸ジャイアンツというぶどうです。
とにかく出てくるものすべてにこだわっているお店なのです。


いりこ
香川県観音寺の沖合い西方約10kmに位置する伊吹島。
瀬戸内海・燧灘に浮かぶこの小島は、その人口の半数以上が煮干生産に携わるという”煮干の島”です。
『伊吹産煮干』は漁から加工までの一貫生産で、形、味ともに最高級品です。
伊吹島周辺で漁獲した片口鰯を使った煮干(いりこ)の品質の良さは煮干業者の間でも日本一といわれています。





Leave a Reply