東福寺 通天橋



紅葉(もみじ) と 楓(かえで) の紅葉(こうよう)の名所。
地形と橋と植栽のバランスが絶妙です。

通天橋-仏殿から開山堂(常楽庵)に至る渓谷・洗玉澗(せんぎょくかん)に架けられた橋廊で、
天授6年(1380年)に春屋妙葩(しゅんおくみょうは)が谷を渡る労苦から
僧を救うため架けたと伝えられる。
昭和34年(1959年)台風で崩壊したが2年後に再建、
その際橋脚部分は鉄筋コンクリートとなった。

参考:
東福寺 通天橋 – Wikipedia
京都の社寺と庭園、東福寺通天橋の紅葉 [Link]
マピオン秋特集2005 紅葉特集|東福寺通天橋 [Link]
東福寺通天橋 紅葉特集2006 Travel@nifty [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です