ハインディッヒの法則 1:29:300



1件の大事故の影に29件の小事故があり、
さらにその背景には300回のヒヤリとするような場面が隠れている。
労働基準監督署は、この法則を当てはめて各事業所を回っているが、
造船所や建築現場など災害が多い現場では、
この29件の小事故がひたすら隠される。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です