香川県高松市の田園風景


高松市の中心部から車で15分ほど郊外へいくと、家々の隙間に長閑な田園風景がみえてきます。自然と街の割合が半々のこの辺りの景色が好きなのですが、線引き制度が廃止されてどんどんと宅地化されているので、美しい田園と都市のバランスをいつまで保てるのか気になるところです。田畑は放棄されても自然に還るけど、マンションが空いて廃墟になったら目も当てられません。高松のような都市部でも、佐那河内村のような農村部でも、これまでのような成長戦略だけではなく、10年後、20年後、どのようにして美しく住まうかが、問われている気がします。

sanuki lanscape


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です