カルロス・ガルデル Carlos Gardel



なんとなくアルゼンチンタンゴな気分なので、ガルデルをメモ。
下の映像は、NAUDO El dia que me quieras (version TANGO)
他には、Bandoneon-Tango- “Silencio”Bandoneon Tango “Lejana Tierra Mia”
Bandoneon-Tango “Tengo Miedo”Arrabal Amargo
El dia que me quieras. 1935. esta completa
そして、アルフレッド・レ・ペラとの名曲
Mi Buenos Aires Querido (わが懐かしのブエノスアイレス)

 > カルロス・ガルデル(Carlos Gardel, 1890年12月11日 – 1935年6月24日)は
 > 不世出のタンゴ歌手として知られるアルゼンチンの歌手・俳優であり、
 > その人気の絶頂期に飛行機事故で急逝した事と相まって、
 > 現在なおタンゴ界の偶像というにとどまらず
 > アルゼンチンの国民的英雄としての地位を不動のものにしている。
 > タンゴという音楽は1870年代から1880年代にかけアルゼンチンの
 > ブエノスアイレスでダンス音楽として生まれたとする説が有力視されている。
 > タンゴはその誕生時から詞を付けられ歌われてはいたが、
 > 詞はあくまでダンスの添え物的存在であり、詞の内容もたわいのないものだったという。
 > そうした状態はガルデルの登場で一変、
 > その美声と表現力によってタンゴ歌手として一世を風靡、
 > 後世のタンゴ歌手もみなガルデルをその目標に掲げるほどの大きな影響を残した。
 > ガルデルは歌のみならず、タンゴの作曲の世界でも名を残している。
 > 元々自分のレパートリーを広げるために始めた作曲だったが、
 > ガルデルの作品は他のタンゴ楽団もこぞって取り上げ、
 > 現在でもタンゴ歌手のほとんどが程度の差はあれ、
 > レパートリーにガルデルの作品を加えている。
 > 作詞家でガルデルの伴奏ギタリストも務めていた
 > アルフレッド・レ・ペラとのコンビによる作品が特に有名で、
 > 『わが懐かしのブエノスアイレス』『ボルベール』などが代表作とされる。
 > ガルデルの出生地は一般的にはフランスのトゥールーズとされている。
 > 幼少時にフランスからアルゼンチンに移民したという説を採る者が多数派ではあるが、
 > アルゼンチン出生説、ウルグアイのタクアレンボー出生説などが入り乱れており、
 > ガルデルの生い立ちについてはよくわかっていない。
 > 生年も1890年以外に1887年説などがある。ただガルデルが
 > 私生児として生まれたという事のみは奇妙にもすべての出生説に共通しているようだ。

参考:
試聴:Carlos Gardel カルロス・ガルデル [Link]
アルゼンチン・タンゴ [Link]
カルロス・ガルデル (かるろす・がるでる) – 関心空間 [Link]
カルロス.ガルデル :ヤマダ電機WEB.COM [Link]
ミュージシャンのお墓 [Link]


「カルロス・ガルデル Carlos Gardel」への2件のフィードバック

  1. ガルデルの私生活は謎の謎、小生はウルグアイ人説を信じています。理由は彼の少年時代に歌い始めたラ・プラタ地方のフォルクロールです。フランス生れであったなら、15歳の時に一人でモンテビデオからタクアレンボーあたりをギター抱えて放浪していたのか?、どうしてと言う疑問が湧き出る。フランス人説は事故死の後なんらかの疑惑を隠す為。それは膨大なガルデルの遺産を横取りする為。その作戦は見事に成功したのです。

  2. Hi admin, i must say you have high quality articles here.
    Your page can go viral. You need initial traffic boost only.

    How to get it? Search for; Mertiso’s tips go viral

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です