【今日のあるく•みる•きく】 四国最南端、高知県の足摺岬(あしずりみさき)


四国最南端、高知県の足摺岬(あしずりみさき)に来ました!
38番札所 金剛福寺を目指してたくさんのお遍路さんが歩いておられました。
心地いい風が吹く、遍路日和です。

足摺岬は、世界の大きさを再確認することができる土地でもあります。
それは、ここ高知県土佐清水市中浜(旧中濱村)は、
近代日本初の国際人 ジョン万次郎さんが生まれ育った土地だからです。

1841年(天保12年)14歳の時、手伝いで漁に出て漁師仲間4人と遭難、
5日半の漂流後奇跡的に伊豆諸島の無人島鳥島に漂着し143日間生活。
その後、アメリカの捕鯨船ジョン・ハウランド号に救助され、
船長のホイットフィールドさんに頭の良さを気に入られ共に航海に出ます。
船名にちなみジョン・マン(John Mung)の愛称を付けられたジョン万次郎さんは、
生まれて初めて世界地図を目にし、日本の小ささに驚いたのだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です