NINAGAWA十二夜 – 七月大歌舞伎 歌舞伎座

これは見逃せない。ということでメモ。

NINAGAWA十二夜 七月大歌舞伎 歌舞伎座

 日程:207年07月07日(土)~29日(日)
 時間:昼11:00~ 夜16:30~ (休演 夜の部 9・12・16・19・22・25・27日)
 料金:1等席16,000円、2等席12,000円 3階A席5,000円
     3階B席3,000円 、1階桟敷席18,000円
 斯波主膳之助/獅子丸実は琵琶姫  尾上菊之助
 織笛姫  中村時蔵
 右大弁安藤英竹  中村翫雀
 大篠左大臣  中村錦之助
 麻阿  市川亀治郎
 役人頭嵯應覚兵衛  坂東亀三郎
 従者久利男  尾上松也
 海斗鳰兵衛  河原崎権十郎
 従者幡太  坂東秀調
 比叡庵五郎  市川團蔵
 舟長磯右衛門  市川段四郎
 左大弁洞院鐘道  市川左團次
 丸尾坊太夫/捨助  尾上菊五郎

 歌舞伎×シェイクスピア×蜷川幸雄・・・
 > 夢のコラボレーションが実現した『NINAGAWA 十二夜』。
 > 2005年度の演劇界に衝撃を与え、演出のみならず、
 > 主演・脚本・舞台美術など様々な分野において、数々の賞に輝いた話題作です。
 > この夏、歌舞伎座からみなさまへふたたび贈る
 > シェイクスピアのロマンティック・コメディを、お見逃しなく!
 > 航海中の船が難破して、双子の兄斯波主膳之助(菊之助)と離ればなれになった
 > 琵琶姫(菊之助)は、舟長の磯右衛門(段四郎)の助けで、
 > 男姿となって獅子丸と名乗り、紀伊国加太の大篠左大臣(錦之助)に仕え始めます。
 > 左大臣は、ただいま公家の織笛姫(時蔵)に激しく片想い中。
 > 織笛姫はといえば、左大臣からの恋文を持参した獅子丸にひと目惚れしてしまい、
 > その獅子丸=琵琶姫は、左大臣を密かに慕うという、ややこしい恋愛模様となります。
 > 一方、織笛姫の叔父の左大弁洞院鐘道(左團次)は、
 > 厳格で口うるさい家老の丸尾坊太夫(菊五郎)が織笛姫に想いを寄せていると知り、
 > ひと泡噴かせようと、恋人の腰元麻阿(亀治郎)や、
 > 右大弁安藤英竹(翫雀)らといたずらを仕掛け、
 > まんまと成功させます。そうこうしているうちに、
 > 難破したのち海賊に助けられていた斯波主膳之助も、
 > 織笛姫邸に到着。獅子丸と斯波主膳之助。
 > そっくりな二人が交互に現れ、周囲はますます混乱してゆきますが・・・。

参考:
蜷川幸雄公式サイト [Link]
蜷川幸雄 I(Wikipedia) [Link]
TBS「シェークスピア紀行 蜷川幸雄ヨーロッパ旅」 [Link]
彩の国シェイクスピア・シリーズ 公式ブログ [Link]
天保十二年のシェイクスピア 蜷川幸雄,唐沢寿明 (Amazon.co.jp) [Link]
NINAGAWA×シェイクスピア シリーズ第2弾特集!蜷川幸雄インタビュー [Link]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です