Anthony McCall – Serpentine Gallery

タグ:


井上さん達郎君とロンドンブリッジの食品市 バラフマーケットに行き、
その足でサペンタインギャラリーへ。
写真や映像だとそのよさが伝わらない気がしますが、
メインのインスタレーション、かなりよかった。
このシリーズ、”Solid light installation” という名前の通り、
空間に充満した煙に光を当てることで起こるチンダル現象によって、
光を塊としてみせるというインスタレーション。
仕組みはいたって単純なのだけど、
それだけに素晴らしいアイディアだなと思いました。
言うなればそれは “光のヴェール” 。Photo by Steve Rhodes
帰り際、偶然、潤平君や以前メモしたアーティストのまなみさんや、
イラストレーターの山本さんに会う。
そんな小さな偶然を特筆。最近特にこういうの多い気がします。
 日程:2007年11月30日~2008年02月03日
 時間:10:00~18:00
 場所:Serpentine Gallery (ハイドパーク, ロンドン)

 > British artist Anthony McCall (born 1946)
 > has a cross-disciplinary practice in which film,
 > sculpture, installation, drawing and performance overlap.
 > McCall was a key figure in the avant-garde
 > London Film-makers Co-operative in the 1970s
 > and his earliest films are documents of outdoor performances
 > that were notable for their minimal use of the elements, most notably fire.
 > After moving to New York in 1973, McCall continued his fire performances
 > and developed his ‘solid light’ film series,
 > conceiving the now-legendary Line Describing a Cone, in 1973.
 > These works are simple projections
 > that strikingly emphasise the sculptural qualities of a beam of light.
 > In darkened, haze-filled rooms,
 > the projections create an illusion of three-dimensional shapes,
 > ellipses, waves and flat planes that gradually expand,
 > contract or sweep through space.
 > In these works, the artist sought to deconstruct cinema
 > by reducing film to its principle components of time
 > and light and removing the screen entirely
 > as the prescribed surface for projection.
 > The works also shift the relationship of the audience to film,
 > as viewers become participants,
 > their bodies intersecting and modifying the transitory forms.

参考:
Anthony McCall [Link]
wuemme experimental film: Who’s Who ; アンソニー・マッコール [Link]
学芸員レポート 08年2月:植松由佳(丸亀市猪熊弦一郎現代美術館) [Link]
Telegraph | Picture Gallery | ANTHONY MCCALL: SOLID LIGHT [Link]
fogless: exhibitions: Anthony McCall [フォグレス:展覧会 [Link]
Tate Britain | Anthony McCall [Link]

「Anthony McCall – Serpentine Gallery」への3件のフィードバック

  1. こんにちは。先日、大学の友人からこの展覧会のことをきいたばかりでした。彼女もとっても良かったと言っていたので、行かなくてはと思っていたのに逃しました。残念。ちょっと離れていると億劫になるけれど、逃すとやはり後悔しますね。youtubeのリンク、ありがとう!

  2. おはよう。
    そうだね。とくにこういうインスタレーションは、
    映像とか写真だとわかりにくいからね。
    今度、ロンドンに何かみにくる際はぜひご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です