阿波の青石が好材料として存在したからなのか、四国地方には鋭い美意識を持った古庭園が多い。特に徳島や西条・宇和島といった城下町には、知られざる名庭が生きています。


ふと、阿波の青石をつかった四国の日本庭園を調べていた所、
気になるページがあったのでメモしておきます。

ちなみに、この日本全国の古庭園を巡り紹介している方による三大庭園は、
「徳島城千秋閣(徳島)」「彦根玄宮園(滋賀県)」「栗林公園(香川)」だそうです。

日本庭園 四国・九州地方の庭園

明源寺庭園 (愛媛県宇和島市)
保国寺庭園 (愛媛県西条市)
等覚寺庭園 (愛媛県宇和島市)
西江寺庭園 (愛媛県宇和島市)
天赦園庭園 (愛媛県宇和島市)
竹林寺庭園 (高知県高知市)
願勝寺庭園 (徳島県美馬市)
観音寺庭園 (徳島県徳島市)
阿波国分寺庭園(徳島県徳島市)
千秋閣庭園  (徳島県徳島市)
瑞巌寺庭園 (徳島県徳島市)
童学寺庭園 (徳島県石井町)
多聞寺庭園 (徳島県つるぎ町半田)
志度寺庭園 (香川県さぬき市志度)
曼荼羅寺庭園(香川県善通寺市)
栗林公園庭園(香川県高松市)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です