虫眼とアニ眼 – 養老孟司×宮崎駿


養老さんと宮崎さんの対談本をメモ。

虫眼とアニ眼 (新潮文庫 み 39-1)
養老 孟司 宮崎 駿
新潮社
売り上げランキング: 3730

人・自然・こども――たくさん話しました。
小さな虫の動きも逃さず捉えて感動できる「虫眼の人」養老孟司と、
日本を代表する「アニメ(眼)の人」宮崎駿が、
宮崎作品を通して自然と人間のことを考え、若者や子供への思いを語る。
自分を好きになろう、人間を好きになろう、
自然と生きるものすべてを好きになろうという前向きで感動的な言葉の数々は、
時代に流されがちな私たちの胸に真摯に響く。カラーイラスト多数掲載。

  
参考:
「養老天命反転地」~宮崎駿監督と養老孟司氏が語る – かめぞう
養老孟司と宮崎駿
ほえなが: 本「虫眼とアニ眼」 養老孟司 宮崎駿
藤森照信と養老孟司と宮崎駿 – 輝建設日記
養老孟司 – Wikipedia
宮崎駿 – Wikipedia


「虫眼とアニ眼 – 養老孟司×宮崎駿」への1件のフィードバック

  1. 養老さんとジブリの宮崎さんの対談本。「人・自然・こども」についてこんな時代だからこそ読みたい一冊。虫眼とアニ眼 – 養老孟司×宮崎駿 http://j.mp/oyrB5j

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です