"Layla" by Eric Clapton – 「レイラ」 エリック・クラプトン

Posted on 3月 15, 2007 in 音楽


懐かしいついでにメモしておこ。
エリッククラプトンのレイラ。アコースティックバージョン。
ジョージ・ハリスン(ビートルズ)の妻パティに恋をしてしまった苦悩を表している。

 

 > エリック・クラプトンが「クリーム」解散後の1970年、
 > デレク・アンド・ザ・ドミノスで出したアルバム
 > 『いとしのレイラ』のタイトル曲でありロック史に残る名曲。
 > 序盤の有名なギターリフから情熱的で激しい演奏から
 > ピアノを軸に穏やかな演奏の終盤という対照的な2つのパートで構成されている。
 > この曲は大親友であったビートルズの
 > ジョージ・ハリスンの妻パティに恋をしてしまい、
 > その私的感情から生まれた曲。
 > 歌詞の内容も当時のクラプトンの悩み苦しんでいる気持ちが前面に押し出されている。
参考:
Eric Clapton Official Site [Link]
エリック・クラプトン (Wikipedia) [Link]
いとしのレイラ (Wikipedia) [Link]

Leave a Reply