映画「チェブラーシカ」全四話完全版 – Movie, Cheburashka


映画「チェブラーシカ」全四話完全版 [Link]
Movie, Cheburashka



チェブラーシカが映画化。これは見なくてはメモ。
正体不明の生物が「自分が何者なのかを探して彷徨う」。
他人事とは思えません。。
ちなみに、チェブラーシカとは、ロシア語で「ぱったり倒れ屋さん」を意味する
「チェブラハッツァ」(чебурахаться)から由来。
謎のいじわるおばあさん シャパクリャクは
バットマンの自動車のタイヤをパンクさせ、
バックスバニーのにんじんに農薬をかけてだめにし、
ミッキーマウスのしっぽに空き缶をゆわえつけた、
といういたずらのためにFBIに追われてる。
シュールとファンタジーをいったりきたり。
 ロシア史上、最も愛される人形童話「チェブラーシカ」
 > 全四話完全《デジタルリマスター》版、堂々劇場公開!
 オレンジの木箱に閉じ込められて、遠い南の国からやってきた、
 > 大きな耳の小さないきもの。起こしてもすぐに倒れてしまうので
 > 「チェブラーシカ(ばったりたおれ屋さん)」と名づけられた
 > この正体不明のいきものは、動物園にも受け入れを拒否され、
 > 都会の片隅の電話ボックスで暮らしていた。
 > そんな彼が出会ったのは、動物園で働く、一人暮らしの孤独なワニ・ゲーナだった。
 > 「この街には一体どれくらいいるんだろう。ひとりぼっちの人が」
 > ふたりの優しさが今、この街に、ささやかな幸せを生み出してゆく—-。
 > 詩情ゆたかな童話的世界を舞台に、
 > 動きの細部にまで人間の心をそそぎ込まれた人形たちが、
 > 愉快に働き、歓びをわかち合い、哀しみにふれ、無責任さに怒る。
 > 一見無邪気なエピソードに惹き付けられる一方で、
 > 描かれるのは現代にも通じる社会のひずみと、
 > この世界の幸せのかたち。
 > 公開から約40年たった今もなお、ますます人々を魅了するこの古典的名作には、
 > “かわいい”だけで終わらせることのできない、
 > 時代と国境を越えた生命力が満ちている。
 > 膨大な時間をかけて1コマ1コマ動かすことで
 > 全てを描き出す人形アニメーションという表現方法。
 > 2008年夏、三鷹の森ジブリ美術館は、人間の手作りだけが生み出しえた、
 > ロシア史上、最も愛される人形童話「チェブラーシカ」をお届けします。
  
参考:
映画「チェブラーシカ」全四話完全版公式サイト [Link]
チェブラーシカ – Wikipedia [Link]
チェブラーシカ – m.i.x! ONLINE SHOP [Link]
ほぼ日刊イトイ新聞 – チェブラーシカを連れて。 [Link]
「チェブラーシカ」スペシャルDVD-BOX [Link]
安藤美姫「心ときめく出会いがありました」–『チェブラーシカ』 [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です