東京駅に発電改札 – JR東日本 床設置、12月まで実験


東京駅に発電改札 [Link]
JR東日本 床設置、12月まで実験

東京駅つながりでこれもメモ。ちょっとまえに展示会で床発電をみましたが、
早くも実験的に設置されているそうです。耐久性と発電効率が問題か。
 > JR東日本は十六日朝、通勤ラッシュで混雑する東京駅丸の内北口の改札に、
 > 乗客が踏んだ際の振動で電気を起こす「発電床」を設置し、
 > 発電効率や耐久性を調べる実験を始めた。
 > 前日までに八カ所ある自動改札のうち六カ所に設置を済ませ、
 > 改札口が開く午前四時から実験はスタート。同七時半ごろから通勤客が増え始めると、
 > 改札のわきに設けた当日の総発電量を表示するパネルの数字も上昇を続けた。
 > 実験は十二月中旬までの予定で、
 > 将来は発電床で自動改札機や案内表示の電力を賄うのが目標。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です