メガスター



> メガスターは、アマチュアである大平が開発した4番目のプラネタリウムである。]
> 1991年に当時学生であった大平が発表したプラネタリウム3号機、
> アストロライナーの後継機であり、国際プラネタリウム協会(IPS)ロンドン大会で
> 「アストロライナー2」として1998年6月に初公開された。
> 投影可能な星は11.5等級までの約170万個であり、
> メガ(100万)級の投影性能であることに由来して、のちにメガスターと改名された。
> なお、この性能は従来のプラネタリウムの百倍程度。
> 32分割光学式でありながら重量は重量は30キログラム程度であり、
> 大幅な小型軽量化も同時に実現している。大平は開発当時会社員であったが、
> メガスターの開発は全くの個人活動として行っている。
> 天の川が多数の星の集まりであることはよく知られているが、
> メガスターでは本来肉眼では確認できない暗い星まで投影するため
> 極めて自然な天の川が再現できる。
> また、双眼鏡を通して投影を拡大すれば、明るい散開星団が再現されていることがわかる。
> Wikipedia [Link]
参考:
メガスター公式サイト [Link]
世界初の家庭用光学式プラネタリウム商品化 [Link]
恒星500万個の新プラネ「メガスター」、日本科学未来館に登場(IT media) [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です