Winny開発者の裁判に村井教授が証人として出廷 [Link]



運良く徹夜作業が重なってオリンピックを全部チェックしております。
稲バウアーの日記にこんな記事があったのでメモ。
かっこいいな村井さん。
 > 京都地方裁判所で16日、ファイル交換ソフト「Winny」を開発した
 > 金子勇氏が著作権法違反幇助の罪にあたるとして争われている裁判の第19回公判が開かれた。
 > 公判には弁護側の証人として慶應義塾大学環境情報学部教授の村井純氏が出廷し、
 > 弁護人からの質問に答える形で証言を行なった。
中略
 > 村井氏は「効率の良い情報共有のメカニズムが、
 > 著作権法違反行為を助長させることに結び付くということは理解できない」と主張。
 > 検察側が、キャッシュやクラスタ化などのWinnyの個別の機能について、
 > 著作権法違反行為を助長させる目的を持って搭載されたものだと
 > 主張していることをどう思うかという質問に対して、
 > これらの技術は「ネットワークの効率を上げるための洗練された技法であり、
 > これを利用の目的と結び付けて考えるのは理解できない」と述べた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です