Tribute to Uncle Ray [Link]Stevie Wonder



人の顔を描くのは難しいです。
 01. Hallelujah I Love Her So
 02. Ain’t That Love
 03. Don’t You Know
 04. The Masquerade
 05. Frankie & Johnny
 06. Drown In My Own Tears
 07. Come Back Baby
 08. Mary Ann
 09. Sunset
 10. My Baby’s Gone
 > 現代の音楽シーンにおいて、ソングライティング/アレンジ/パフォーマンス
 > のあらゆる要素において、まさに二人といないセンスと才能を持ったアーティスト。
 > 生まれてすぐに起こったアクシデントで盲目となってしまうという
 > とても困難な状況におかれながらも、幼少期にピアノとハーモニカ、ドラムをマスター。
 > デトロイトへ移住するとミラクルズ(The Miracles)の
 > ロニー・ホワイト(Ronnie White)に見初められ、
 > Motownの創設者ベリー・ゴーディ(Berry Gordie)に引き合わされMotownと契約。
 > 弱冠12歳でリトル・スティービー・ワンダーの名で、
 > 同じ盲目の巨人レイ・チャールズ(Ray Charls)にトリビュートした
 > デビューアルバム”Tribute to Uncle Ray”(’62)をリリースした。
 > スティービー・ワンダー プロフィール(notrax)より
参考:Stevie Wonder公式サイト [Link] / Ray Charlesを巡るアーティストたち(HMV) [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です