streetscape [Link]仲居伊織



デジスタやICCなど結構いろんなところで展示されているので、
みたことがある人も多いかと思います。仲居伊織さんのstreetscape。
何年かまえにここにもメモしました。
国立新美術館でも現在展示されていますので、
体験したことのない方はチェックすることをお薦めします。
今回改めてみてみて、面白いなと思ったのは、
地図上に情報をプロットする場合、
元情報はある特定の場所に対応した点情報なのですが、
そうした点情報の集合をフェードをつかうことで、連続的な音風景の広がりを表現しているところです。
この技術は画像処理でも応用が利きます。
 > 街の音が聴こえる地図です。
 > 実在の都市の真っ白な地図のうえをペンでなぞると、
 > 実在の都市で聴こえる音が、ヘッドフォンより再生されます。
参考:
ICC Online | Archive | 2004年 | ネクスト:メディア・アートの新世代
http://www.ntticc.or.jp/Archive/2004/n_ext/Works/streetscape_j.html


「streetscape [Link]仲居伊織」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です