空間・構造・物語 ストラクチュラル・デザインのゆくえ 斎藤公男


空間・構造・物語―ストラクチュラル・デザインのゆくえ
斎藤 公男
彰国社
売り上げランキング: 321,129

本といえばこれもメモ。具体例を写真付きで示していて、
構造初心者にもすごくわかりやすい本だと思います。
 > 建築空間と構造デザインが出合うところには、時代や場所、
 > そこに携わった人たちによって、それぞれの物語が存在する。
 > 本書は、そうした空間と構造の交差点に立ち現れる幾通りもの「物語」によって織りなされている、
 > 空間デザインの入門書である。本書の「物語」を支える視点は何か。
 > それは“歴史をめぐる視点” “人物をめぐる視点” “構造デザインをめぐる視点”
 > “「発想から建設へ」をめぐる視点” “ストラクチュラル・アートをめぐる視点”。
 > この五つの視点を軸に、空間構造の多様な展開とエンジニアの独創性、
 > 構造デザインの可能性やアーキテクトとエンジニアのコラボレーションについて語りながら、
 > 著者がこれまでに「考えたこと」「体験したこと」「教えてきたこと」を織りまぜ、
 > 「時間と空間」「文明と文化」の中で築きあげられてきた空間デザインの世界に迫る。

参考:
斎藤公男研究室ホームページ [Link]
「飛躍したい構造デザイン」(渡辺邦夫 斎藤公男) [Link]
トラス構造およびトラス構造物 斎藤公男 (J-STORE) [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です