SHIMOKITA VOICE [Link]ザ・スズナリ×下北沢商業者協議会



どんな絵本をかいているかというと。
そのうちのひとつは下北沢の絵本です。
というわけで下北沢でこんなイベント。
アラーキーの撮影した下北沢もザ・スズナリのホールに展示されるそうです。
 日程:2007年08月13日(月)~15日(水)
 場所:ザ・スズナリ (世田谷区北沢1-45-15)
Symposium1:シモキタの道路計画ってなに?
わかりやすく語られる背景と問題点
日程:2007年08月13日(月)
時間:14:00~15:30
パネリスト:渡辺えり子(劇作家・演出家・「宇宙堂」主宰)
       金子賢三(「Save the 下北沢」共同代表)
       原田学(「まもれシモキタ!行政訴訟の会」原告代表)
       大木雄高(「下北沢商業者協議会」代表)
       野田治彦(「ザ・スズナリ」舞台部)
Symposium2:下北沢で、運動を語る
「再開発反対」のいま
日程:2007年08月13日(月)
時間:16:30~18:00
パネリスト:鈴木謙介 (社会学者)
       曽我部恵一 (シンガーソングライター)
       仲俣暁生 (フリー編集者/文筆家)
       山崎千鶴子 (ロック・バー『Mother』オーナー)
Symposium3:演劇は下北沢に何をのぞむのか?
演劇界におけるザ・スズナリ喪失の意味
日程:2007年08月14日(火)
時間:14:00~15:30
パネリスト:柄本明(俳優)
       ケラリーノ・サンドロヴィッチ(「ナイロン100℃」主催)
       坂手洋二(「燐光群」主催・「日本劇作家協会」会長)
       下平憲治(「Save the 下北沢」共同代表)
       本多一夫(「本多劇場グループ」代表)
       宮沢章夫(「遊園地再生事業団」主催)
       流山児祥(「流山児★事務所」主催・演出家・「日本演出者協会」副理事長)
       野田治彦(「ザ・スズナリ」舞台部)
Symposium4:文化と生活と街と・下北沢
歴史が生む磁場
日程:2007年08月14日(火)
時間:16:30~18:00
パネリスト:吉見俊哉(東京大学大学院情報学環学環長)
       きむらけん(「北沢川文学遺産保存の会」・文化探査者)
       廣木隆一(映画監督)
       岩本光弘(「シネマアートン下北沢」支配人)
       大木雄高(「下北沢商業者協議会」代表)
Symposium5:海外の目で見た”SHIMOKITAZAWA”
そのユニークさと魅力について
日程:2007年08月15日(水)
時間:14:00~15:30
パネリスト:ピーター・バラカン(ブロード・キャスター)
       ノア・ガルシア(音楽監督)
       ウダイ・タマン(CMモデル)
       ママドゥ・ディオップ(「JAMM REKK」オーナー)
Symposium6:シモキタの未来図を描く
魅力ある街とは・駅前広場のあり方は?
日程:2007年08月15日(水)
時間:16:30~18:30
パネリスト:田中瑞穂(世田谷区都市整備部都市計画課)
       井上赫郎(まちづくりコンサルタント)
       金子賢三(「Save the 下北沢」共同代表)
       小林正美(明治大学教授・「下北沢フォーラム」代表)
       佐藤泰雄(元代沢小学校PTA会長/代沢在住)
       笹川史郎(驛前食品市場「酒・ラーメンしろう」)
       関根純一(建築家/驛前食品市場育ち)
       二瓶正史(建築家/代沢在住)
       大木雄高(「下北沢商業者協議会」代表)
       野田治彦(「ザ・スズナリ」舞台部)
       高橋ユリカ(ジャーナリスト)
 開催主旨
 > 来たる8月13日(月)~15日(水)、
 > 下北沢再開発計画の道路予定地にかかっている劇場
 > 「ザ・スズナリ」と道路計画の見直しを求める「下北沢商業者協議会」がタッグを組み、
 > 「SHIMOKITA VOICE」と題したシンポジウム& アートイベントを行います。
 > よく知られるように、下北沢は入りくんだ路地と
 > 小さな店舗の集まった歩行者優先の街並みを持ちます。
 > ところが戦後まもない昭和21年につくられた道路計画がにわかに浮上し、
 > 下北沢は三軒茶屋や二子玉川のような都市型の街へと急激に変わろうとしています。
 > この計画はあまりに性急に進められたために、
 > 街の中心部に幹線道路を通すという大規模なものでありながら、
 > 地元住民や商業者の多くは、計画に対するじゅうぶんな
 > 話し合いの場が持たれたという実感を持てずにいます。
 > そのため今回のイベントでは、地元の人々が気軽に
 > 足を運んでこの問題にふれられるように、住民や商業者をはじめ、
 > ミュージシャン、演劇関係者、研究者、ジャーナリスト、
 > 映画監督、市民運動関係者、行政関係者など、
 > 異なる立場の方々に集まっていただき、道路計画が街にもたらす影響や、
 > 下北沢と文化の関係、未来の下北沢の街づくりなどについて
 > 開かれた場での対話を行っていただきます。
 > 日ごとのテーマを設け、第一日目は【道路計画】、
 > 二日目は【アート】、三日目は【街】をテーマに一日二回、
 > 計六回のシンポジウムを行います。
 > また、今回は世界の巨匠・荒木経惟氏が撮り下ろした
 > 下北沢の写真をザ・スズナリのホール壁全面に常設展示する予定です。
 > さらに下北沢にゆかりのあるアーティストたちによって
 > アートライブ(音楽、映画、演劇)を三夜連続で行います。
 > 街はアートの母体であり、街の母体は地元に生きる人々です。
 > このイベントを通じて、地元商業者や住民の方々が、
 > 自分たちの街で生まれるアートに出会い、
 > そこに深いつながりを見出していただくことを願います。
参考:
下北沢の再開発問題テーマにイベント (下北沢経済新聞) [Link]
Save the 下北沢 [Link]
ザ・スズナリのページ [Link]
下北沢 商業者協議会 [Link]
「下北沢南口商店街公式サイト」下北沢南口商店街振興組合 [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です