rice talk – robyn backen


2003年の越後妻有トリエンナーレでローレン・バーコヴィッツが古民家で発表していた作品。

rice talk
robyn backen

 date 2003
 location echigo – tsumari triennial, matsunoyama, japan
 medium fibre optics, coreflute, metal halide and haelogen light boxes,
 aluminium, wood and sound work

 > 上湯集落の改装された古い民家をローレン・バーコヴィッツとシェアし作品を制作した。
 > コミュニケーション技術の新旧の形でつくられた作品は、光ファイバーを織り込んだ畳が、
 > モールス信号によって小林一茶の句を伝えてゆく。

 > brief descriptor
 > …it is because the land is so hilly and has so many rice paddies
 > that the winters bring such heavy snows and the summers are so stifling.
 > and with only 78,000 people in 762 square kilometres, the area is large and empty.
 > but those, indeed, are the base conditions for the event.
 > (catalogue by fram kitagawa)

参考:robyn backen公式サイト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です