Ray Charles [Link]Georgia on my Mind



レイ・チャールズのGeorgia on my Mindをメモ。
右は、Hit the road Jack!
 
 > 6歳の頃仲の良かった弟のジョージ・ロビンソンを亡くした。
 > その9ヵ月後緑内障のために失明した。
 > 目が見えないというハンディを背負いながらピアノを学び、
 > 黒人霊歌やジャズなど、黒人である自らのルーツを遡っていくような音楽活動の中で、
 > 自分の魂を歌うという「ソウル」音楽の形を自らで実証し、
 > 「ソウルの神様」と呼ばれるほど、その方面でのカリスマとなった。
 > また、彼独特の、満面の笑みで、体をのけぞらせて、
 > ゆらしながら歌う姿は、非常に印象的であった。
 > 1959年の『What’d I Say』が自身初のミリオンセラーである。
参考:
レイ・チャールズ (Wikipedia) [Link]
レイ・チャールズ公式サイト [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です