Photo Tourism [Link]Exploring photo collections in 3D



インタラクションつながりでこれもメもれ(メモ漏れ)していたのでメモ。
今年のシーグラフ2006で発表されていた、ワシントン大学の
Charles Simonyi Graphics and Imaging Laboratoryが開発したPhoto Tourism。
撮影に使われたカメラの位置や向き、焦点距離を自動計算するシーン再現技術がすごい。
ページ中断の “Videos” から映像をみることができます。
田中浩也さんのPhotoWalker(多次元フォトコラージュ)を想起させる表現。
 > Photo tourism is a system for browsing large collections of photographs in 3D.
 > Our approach takes as input large collections of images
 > from either personal photo collections or Internet photo sharing sites (a),
 > and automatically computes each photo’s viewpoint
 > and a sparse 3D model of the scene (b).
 > Our photo explorer interface enables the viewer
 > to interactively move about the 3D space
 > by seamlessly transitioning between photographs, based on user control
 > Photo Tourism公式サイトより
参考:MS、開発中の「Photosynth」を披露–写真から3D画像を作成 (CNET Japan) [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です