ONGMAP.COM オンジーマップ [Link]yuki



「Mash up Award 3rd」最優秀作品に選ばれていたのでメモ。
Google Mapを使って、新聞社や公的機関が提供するデータなどを地図に表示。
 審査員コメント
 マッシュアップの定番といえば「地図に情報をプロット」。
 この作品は、そんなマッシュアップの王道を、パラノイアックなほどに突き詰めた作品でした。
 国内外のAPI、新聞社が提供するRSS、公的機関が提供するデータ、KMLファイルなど、
 様々な情報を地図・位置情報という切り口で統合しており、それらを、
 Extを活用した使いやすいUIで提示しています。この作品は、
 2007年現在の日本における地図系マッシュアップサービスの完成形のひとつでしょう。
 作者の熱意と愛を感じることができる作品でした。
 > Goole Mapをベースに、Ext-JSというJavascriptのライブラリを利用して、
 > 使い勝手の良い地図サイトを目指しています。
 > 現在以下の4つの機能を実装しています:
 >  ・Mapmark:地図上の目印
 >  ・Move:地図上の移動
 >  ・Search:各種情報の検索
 >  ・Show:各種情報の表示
 > SearchとShowの機能で重複が幾つかあるのですが、現在の切り分けとしては、
 > Searchは各種Web-APIを利用して検索・取得してくるデータ、
 > Showは当サイトのDBから取得してくるデータということにしています。
 > まず、「Mapmark」については、ユーザー登録していない段階では、
 > 公開されているマップマークおよび他の人がみている場所
 > (ランダムに抽出)を見ることができます(ユーザー登録を行うことにより、
 > 自分の足跡を時系列で追うことができたり、マップマークの作成ができるようになります)
 > 「Move」ですがYahoo!Japan,Yahoo!US,Google Maps、
 > およびGeoNamesのジオコーディング機能を組み合わせて検索エンジンとして活用しています。
 > 当初は「住所」と「施設名」のように分けていたのですが、現在では、
 > 一個の検索窓から、全世界の住所・郵便番号・場所・施設名での検索ができるようになっています。
 > また、世界中の国や主要都市、
 > あるいは日本国内の市町村をメニューから直接えらんで移動することも可能です。
 > 次に「Search」ですが、当初の4つから増えて、現在では13個ののサブメニューがあります
 > (無線LAN、写真、動画、飲食店、ホテル、学校、その他[ATM・コンビニ・スーパー]、
 > ローカルニュース&ブログ、イベント、ヘアサロン、病院、Wikipedia、書籍)。
 > 使い方は一部を除き、すべて同じで、検索したい場所を表示して、
 > メニューを選択するだけです。表示されている地図の緯度経度
 > (あるいはその領域に含まれる地名や場所名)を元に、
 > 対象データを外部APIを利用して取得してきます。
 > 最後に「Show」ですが、現在は国内の鉄道の駅、海水浴場、
 > 各種店舗(タリーズ、マクドナルド、モスバーガー、等)
 > および全世界の空港と、世界遺産を登録しています。

参考:
Mash up Award 3rd コンテスト受賞作品発表 [Link]
ONGMAP.COM : MASHUP一覧 : MASHUPEDIA – マッシュペディア [Link]
「Mash up Award 3rd」最優秀作品、「ONGMAP」に – ITmedia [Link]
Mash Up Award 3rd受賞作品発表、最優秀賞は「ONGMAP.COM」:ITpro [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です