NODA・MAP 第11回公演 贋作・罪と罰 [Link]



ロシアの文豪ドストエフスキーの名作「罪と罰」を、
幕末の日本を舞台に書き換えた”贋作・罪と罰”。
1995年に発表されたNODA・MAP第二回公演の作品が10年ぶりに再演される。
見に行きたいな、財布に余裕があったら。
 日程:2005年12月6日(火)~2006年1月29日(日)
 場所:シアターコクーン (渋谷)
 脚本・演出・出演:野田秀樹
 出演: 松たか子 古田新太 段田安則 宇梶剛士ほか
参考:野田秀樹が10年ぶり「贋作・罪と罰」(読売新聞) [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です