NHK教育テレビが昼間の放送休止 – 地球環境を考える一日



NHKonline – NHK環境キャンペーン「地球エコ2008」「かぐや」撮影の”満地球の出”(無音)

NHK教育テレビが昼間の放送休止 [Link]

これもメモ。
12月29日(月)、昼間の時間も含め計13時間に渡り、教育テレビの放送休止。
これにより、約1万7000kWhの節電、CO2に換算すると約9.4トンの削減になるそうです。

環境関連の取り組みについて
12月29日(月)の教育テレビの放送時間を午後0時30分から9時30分の9時間に短縮する。定時に比べ12時間50分短縮することになる。放送休止中は、アナログ放送の全国約3100箇所の送信所で電波を停めることで、約1万7000kWhの節電、CO2約9.4トンの削減となる。この日は総合テレビと教育テレビで環境関連番組を放送する。環境へのメッセージを募るなど、視聴者の皆さまといっしょに地球環境保護について考えていく。
 NHKが制作・放送した環境関連番組の一部を英語化し、NHKワールドTVで世界に発信するとともに、ABUを通じて希望するアジアの放送局に無償で番組を提供することもはじめた。現在10の放送局に番組VTRと英語台本を提供、随時放送してもらっている。

教育テレビが昼間の放送休止を発表!NHKが進める温暖化対策
2008年の終わりも目前となる12月29日、テレビ放送における歴史がひとつ、動く。
NHK(日本放送協会)の福地茂雄会長が12月4日に行った記者会見で、テレビ局としては異例の取り組みを発表した。温暖化対策の一環として、12月29日(月)、昼間の時間も含め計13時間に渡り、教育テレビの放送休止を行うという。昼間の放送休止は、オイルショック以来のこととなる。
今回行う放送休止は、アナログ放送の全国約3100か所の送電所で電波を止めるというもの。12月29日(月)の教育テレビは、午後0時30分から9時30分の9時間のみ放送し、前後の時間帯を休止する。通常日の放送に比べ、12時間50分も短縮することになる。これにより、約1万7000kWhの節電、CO2に換算すると約9.4トンの削減となるという。Posted by greenz on 2008/12/20

  
参考:
NHK地球エコ2008 [Link]
世界一周! 地球に触れるエコ大紀行 [Link]
NHK地球エコ2008 – Wikipedia [Link]
greenz – 教育テレビが昼間の放送休止を発表! [Link]
Youtube – NHK環境キャンペーン「地球エコ2008」 [Link]
100万人のキャンドルナイト candle-night.org [Link]
NHK 地球ラジオ [Link]
NHKスペシャル 地球大進化 46億年・人類への旅 DVD-BOX [Link]


「NHK教育テレビが昼間の放送休止 – 地球環境を考える一日」への4件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です