NHKスペシャル 地球大進化46億年・人類への旅



地球つながりでNHKスペシャル 地球大進化をメモ。
映像は、2億5千万年前、95%の生物を大量絶滅に追いやった巨大噴火。
2005年、フランス・ジュール・ベルヌ映像祭にて、最優秀科学アドベンチャー賞を受賞。
 > 地球を「母なる星」と呼び習わし、
 > 極寒の宇宙の中で生命を優しく育んだ希有な惑星とする従来の視点を一転させ、
 > 灼熱の地獄から極寒の世界まで環境を激変させつつ生命に試練を与えた厳しい存在、
 > 「荒ぶる父」として描く。その中で、生命は試練に立ち向かい、
 > 進化してきたと説く。地球の進化史、或いは生命の進化史として独立した事象ではなく、
 > 地球の環境の変化が、生命の進化にどのように影響を与えたか、
 > 反対に、生命が地球環境にどのように影響を及ぼしたか、
 > 相互の関連も取り混ぜて構成している。
 > 太古の生命について、既に滅んだ過去の物としてではなく、
 > 現在の生物の「御先祖様」と呼び習わすのも、従来の生命進化を取り上げた
 > 番組とは異なる視点である。現在生きている私たちは、
 > 厳しい試練をくぐり抜けてきた御先祖様から、尊い命を賜ったのだとする暗喩も含まれている。
  
参考:
地球大進化〜46億年・人類への旅 – Wikipedia [Link]
NHKスペシャル 地球大進化 46億年・人類への旅 全6巻セット [Link]
プログラマの思索: 「地球大進化」は凄い! [Link]


「NHKスペシャル 地球大進化46億年・人類への旅」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です