朝のリレー 谷川俊太郎


カムチャツカの若者がきりんの夢を見ているとき
メキシコの娘は朝もやの中でバスを待っている
ニューヨークの少女が微笑みながら寝返りをうつとき
ローマの少年は中東を染める朝日にウインクする
この地球ではいつもどこかで朝が始まっている
ぼくらは朝をリレーするのだ
経度から経度へと

そうしていわば交替で地球を守る
眠る前のひととき耳をすますとどこか遠くで
目覚まし時計のベルが聞こえる
それはあなたが送った朝を
誰かがしっかりと受け止めた証拠なのだ。

Morning Relay | Shuntaro Tanigawa

While a young man in Kamchatka
Dreams of a giraffe
A young girl in Mexico
Waits for the bus in the morning haze

While a little girl in New York
Rolls over in her bed with a smile
A little boy in Rome
Winks at the morning sun that colors the column capital

On this Earth
Always somewhere morning is starting
We are relaying morning
From longitude to longitude

Taking turns protecting Earth as it were
Prick up your ears awhile before you go to sleep
And somewhere far away you’ll hear an alarm clock ringing
It’s proof that someone has firmly caught
The morning you’ve passed on

参考:
ネスカフェ [Link]
あさ/朝(谷川俊太郎 吉村和敏) [Link]


「朝のリレー 谷川俊太郎」への2件のフィードバック

  1. シェアさせていただきました、ありがとうございます。
    英語訳もあってうれしいです!アメリカ在住ですが、今、仕事から帰ってパソコンに向かうと日本時間は朝9時。日本は一日の始まりだな~と思ってこの詩を思い出しました。朝のリレーを実感しています!
    アメリカの友達や生徒と読んでみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です