JAL123便 [Link]事故調査表を元にしたJAL123便飛行跡略図 ver1.2



日航機墜落事故から20年。
ボイスレコーダーと調査委報告書を基にしたflashを改めて見る。
当初、一部のマスコミから非難を浴びることになった当該機の機長、
その遺族の立場からのドキュメントが興味深い。
ボイスレコーダーから聞こえる機長らの懸命な努力の声が心に熱く胸に残ります。
 ボイスレコーダー 残された声の記録 (TBS)
 ジャンボ機墜落20年目の真実
 日程:2005年8月12日 金曜日18:25-
 > 1985年8月12日に発生した日航ジャンボ機墜落事故。
 > 520名もの尊い命を一瞬にして奪った未曾有の事故から20年目のこの日、
 > 長期取材のドキュメントと再現ドラマで、このような事故を2度を起こさないように、
 > という願いを込めた番組を放送する。
ちょっと調べていたら、さんま(明石家さんま)さんは搭乗する便を一本早くしたため、
逸見(逸見政孝)さんも直前でキャンセルして新幹線を利用したため、奇跡的に難を逃れたらしい。
参考:日本航空123便墜落事故(wikipedia) [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です