Hoi Chi Ng – AA(Architectural Association) Honours



今年のロンドンAAスクールの卒業制作、最優秀作品のレビューが
JDNの長谷川貴子さん(建築家)の記事に載っていたのでメモ。
他、AAとバートレットの作品はこちら
一枚の紙に切り込みをいれて折り線にあわせて立ち上げると建築が出現するという
ドローイング手法とその手法による建築提案。敷地は、東京の小規模河川。
川の上にパブリック・スペースを提案している。
デザインプロセスの斬新さとそれを実用にまで落とし込んだ点が評価されたようです。
敷地調査で10日間訪れた日本で、
くずれた遠近法で描く蒔絵にヒントを得て発想したとこのこと。
全体的には、ザハ・リベスキンド・FOA・MOAの系統を組んでいる印象。
僕も建築からグラフィックをプロセスから発想することがよくあるので、
こういうのをみるとわくわくします。
でもキモチ半分では、そのプロセスに求められる必然性とメリットについて、気になるところ。
建築やランドスケープといった公共性の高い分野においては特に。
参考:
ふたつの個性・ふたりの個性 AA&Bartlett (JDN) [Link]
END OF THE YEAR SHOW 2004 ロンドンの建築教育は今 (JDN) [Link]
Bartlett ‘Bartfest’ web site [Link]
AA Projects Review web site [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です