Google、YouTubeを16億5000万ドルで買収 [Link]



Googleが動画サイト、YouTubeを買収しましたね。
著作権侵害の問題にどう対応するかがポイントですね。
著作権のハードルを厳しくすれば大量のコンテンツが配信不可能になって
利用者の軽減につながるのは間違いない。
テレビ放送を付属して放映するメディアではなく、
このサイトを利用してひとつの媒体としてコンテンツ提供するようになれば、
昨今よく話題になる”インターネットとTVの融合”が実現する可能性はあるのかな。
そのためにはボトムアップ型の一般投稿による “YouTube” タイプと、
テレビ局側が番組制作会社を伴ってインターネットを利用する “検索ちゃん” タイプと、
二つの経路が考えられます。
 > Google、YouTubeを16億5000万ドルで買収
 > Googleは10月9日、米YouTubeを16億5000万ドルで買収すると発表した。
 > 買収は株式交換によって行われる。
 > 買収完了後もYouTubeはこれまで通り独立した形で、
 > YouTubeブランド名でサービスを提供し、
 > カリフォルニア州サンブルーノの拠点、従業員も温存される。
 > Googleのエリック・シュミットCEOは「われわれはよく似た価値観を共有している。
 > 常にユーザーを最優先し、ユーザー体験を向上させるよう尽力しているからだ。
 > ユーザー、コンテンツオーナー、広告主に魅力的なサービスを提供するのに、
 > 両者は自然なパートナーだ」とプレスリリース上でコメントした。
 > また10月9日に開かれた記者会見で、
 > 「YouTubeの買収でGoogle Videoは放棄するのか」という質問に対しては、
 > 「Google Videoは重要なサービス。放棄することは絶対にない」と否定。
 > またYouTubeのチャド・ハーリーCEOは
 > 「これまで繰り返し『売却の意志はない』と述べてきたのに、
 > Googleへの売却を決心した理由は」という問いに、
 > 「売却を否定してきたのは、独立した形でサービスを提供できなくなるのを恐れたため。
 > Googleの買収ではそれ(独立)が可能だから」と答えた。
参考:
Google (Wikipedia) [Link] / YouTube (Wikipedia) [Link]
大手メディアがYouTubeを買収するには10億ドルが必要か(メディア・パブ) [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です