G-Econ – Geographically based Economic data


G-Econ [Link]
Geographically based Economic data

地球つながりで、Yale大学のプロジェクト。
人口や雨量の分布を立体地球儀に落とし込んでいる。
 > Geographically based Economic data (G-Econ)では、
 > 世界の人口分布や雨量などを地球儀に落とし込んで
 > 直感的に理解できるように表現しています。
 > もの見ない目。より
 > The G-Econ research project is devoted to developing
 > a geophysically based data set on economic activity for the world.
 > The current data set (GEcon 1.3) is now publicly available and covers
 > “gross cell product” for all regions for 1990,
 > which includes 27,500 terrestrial observations.
 > The basic metric is the regional equivalent of gross domestic product.
 > Gross cell product (GCP) is measured
 > at a 1-degree longitude by 1-degree latitude resolution
 > at a global scale. Updates will be posted as they become available.
 > The project director is Professor William Nordhaus,
 > Yale University. Email contact at william.nordhaus@yale.edu.
  
参考:
世界の統計データを直感的に表現するG-econ maps (もの見ない目。) [Link]
世界のを一枚の画像で表した「G-econ maps」 – PingKing(ピングキング) [Link]
世界のを一枚の画像で表した「G-econ maps」: DesignWorks [Link]
新しい視点で地球を見る。[G-Econ Project by Yale University [Link]
g econ project yale [Link]
地球データマップ [Link]
国土交通省国土地理院-地球地図-地球地図日本 [Link]
ITmediaニュース:JAXA衛星の地球観測データを「goo地図」に [Link]
フリッカー G-econ maps [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です