西日本豪雨で被災した13府県で連泊した旅行者の宿泊料を割り引く「ふっこう周遊割」対象となる同一府県、合計2泊以上の連続した宿泊で、お一人様1泊あたり最大4,000円(福岡)~最大6,000円(岡山・広島・愛媛)お得に宿泊可能です!※但し、宿泊料金の額を上限とします。

13府県ふっこう周遊割

申請受付〆切
香川県:2018年12月18日(火)消印予定
鳥取県:2018年12月19日(水)消印予定
高知県:2018年12月30日(日)消印予定
岡山県:2019年01月08日(火)消印予定

山口県、愛媛県、福岡県、兵庫県、広島県は予算額に達したため、旅行者・ボランティア・指定宿泊施設の申請受付を終了。

国が交付する「平成30年7月豪雨観光支援事業費補助金」の対象となる地域「岐阜県、京都府(京都市を除く)、兵庫県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県」への旅行やボランティアの方の宿泊がお得になる観光支援事業です。

この「13府県ふっこう周遊割」は、旅行者が対象となる2府県以上をまたぐ、もしくは同一府県における合計2泊以上の連続した宿泊に対して支援金を交付されるものと、ボランティア活動に参加する方が対象府県において行った2泊以上の連続した宿泊に対して支援金を交付されるものです。

※ 国の支援金制度を活用した事業のため、期間内であっても支援金が上限に達し次第、販売終了となります。
※ 各府県によって申請条件が異なりますので、各府県のページをご確認ください。
※ 先着順ですので、お早めにお申し込みください。
※ 各種申請様式につきましては、写しをとって保管いただき、事務局に送付の際は送付履歴の確認できる方法で送付願います。