ene-geometrix.02 [Link]関根 雅人



インタラクティブ作品つながりでこれもメモ。
以前、田中浩也さんの研究室の最終講評会で見せていただいた
関根雅人さんの作品が学生CGコンテストインタラクティブ部門で最優秀賞を受賞。
熱滞留の可視化。お味噌汁をしばらく置いておくとみられるあの模様。
とてもシンプルで純粋な切り口ですが、
実現にはものすごいたくさんのハードルがあったようですね。
すばらしいです。動画はこちら
 受賞のコメント
 > この度は大変名誉ある賞に選出いただき誠に有り難うございます。
 > トライアンドエラーを繰り返し、
 > 一年以上かけてようやく納得の行く出来にまで引き上げて来ました。
 > 途中幾度となく壁に突き当たって来ましたが、
 > そこで諦めずにやり抜いたことが受賞に繋がったのだと思いとても感慨深いです。
 > 実物をご覧になる際には、作品の中で起きる現象のみならず、
 > それを見た自分の心の動きも同時に観察して頂きたいというのが作者の願いです。
 審査員コメント
 > 熱対流を可視化するために、流体素材、熱源、容器等の実物を使い、
 > 実験を積み重ねて完成させた力作である。
 > 対流パターンを操作するためのGUIを加えることによって、
 > 通常見ることのできない流体の動きを、自由にあやつること ができる。
 > 物理現象としての熱対流のもつ美しさと、
 > インタラクションの面白 さを高度に融合し、
 > サイエンスとアートの新たな接点を切り開いた。
参考:
SFC CLIP ** SFC Communication & Life Information Provider [Link]
第13回 学生CGコンテスト [Link]
第11回文化庁メディア芸術祭特設ブログ: 学生CGコンテスト [Link]
CG-ARTS協会 | 協会について [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です