Eight Lines [Link]Steve Reich



音楽つながりでこれもメモ。
そばをゆでながらスティーブライヒを聞く。

 > スティーヴ・ライヒ(Steve Reich, 1936年10月3日 – )は、
 > ミニマルミュージックを代表するアメリカの作曲家。
 > フレーズの繰り返しを多用したり、ミニマリストであるという見方が一般的だが、
 > 純粋なミニマリストのスタイルには収まらない作品も多い。
 > ライヒの音楽スタイルは、デヴィッド・ラングのような、
 > ニューヨークのBang On A Canフェスティバルに参加している作曲家のグループを含む、
 > 多くの作曲家たちに影響を与えている。
 > ライヒの音楽は、現代音楽において、徐々にフェーズしていくパターンを作るために
 > サンプリングしたテープ・ループを用いたり -この手法はライヒの初期の作品群、
 > 『イッツ・ゴナ・レイン』(1965)、『カム・アウト』(1966)、
 > 『ドラミング』(1971) などで多用されている- 、
 > 曲のコンセプトを創り出し、掘り下げるための手法を用いる(『振り子の音楽』、
 > 『フォー・オルガンズ』などの作品で見られる)といったようなアイディアを探求した。

参考:
スティーヴ・ライヒ – Wikipedia [Link]
Steve Reich [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です