Cornelius | コーネリアス – fit song


Cornelius | コーネリアス [Link]
fit song

メディア芸術祭でも展示されていたコーネリアスの “fit song” のPV。
右の映像は、Tone Twilight Zone。Groovisions制作のwataridoriはこちら。
ちなみに、名前の由来は、映画「猿の惑星」に登場するチンパンジー科学者の名前です。
Japan Count Downでのインタビュー映像はこちら。
 
 > 小山田 圭吾(おやまだ けいご、1969年1月27日 – )は、
 > 東京都出身のミュージシャン。
 > 彼ひとりから構成されるCornelius名義でミュージシャン活動を行っている。
 > 日本における所謂「一人ユニット」の先駆け的存在。
 > 和光大学付属中・高等学校卒、その後専門学校に通い、フリッパーズ・ギターを結成。
 > 解散後、暫しの期間を経て小山田圭吾による一人ユニットCorneliusとして音楽活動を開始する。
 > 楽曲においては、手法としてサンプリングの採用、テルミンを用いる演奏、
 > HDDによる多重録音、ヘビーメタルへの傾倒と新解釈、
 > シンセサイザーを前に出した演奏、ハーモニー効果の模索、
 > サウンド・エンジニアリングの創意工夫等が各アルバムリリースごとに施され、
 > アイディア豊かな作品を発表している。
参考:
cornelius-sound.com [Link]
CORNELIUS / コーネリアス アーティストトップ ワーナーミュージック [Link]
小山田圭吾 (Wikipedia) [Link]
コーネリアス/小山田圭吾 インタビュー (Hotwired) [Link]
Special Interview コーネリアス (アップル) [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です