コロンビアロード・フラワーマーケット – Columbia Road Flower Market

ロンドン・イーストエンドのコロンビアロードで、
日曜の午前だけに開かれるコロンビアロード・フラワーマーケット
このコロンビアロードにある雑貨屋はなかなか楽しいですよ。
地図はこちら

続きを読む コロンビアロード・フラワーマーケット – Columbia Road Flower Market

セント・アイヴス – St. Ives






家族がロンドンにきたので、
イギリス西部の港町、St. Ives に車でいってまいりました。
陶芸家 バーナード・リーチと濱田庄司、アルフレッド・ウォーリス
などで知られている小さな町です。
紫陽花やローカル鉄道や白い砂浜が
なんとなく鎌倉を思い出させます。

 > 1920年代以降、セント・アイヴスは芸術家村となり始めた。
 > 19世紀にははやくも鉄道建設に伴って
 > 画家たちが訪れ定住して海などを描く様になり、
 > 近郊のニューリンの村とともに芸術家コロニーが形成され、
 > 美術学校ができていた。
 > 錫の廃工場や使わなくなった漁業用の小屋や港湾倉庫が
 > 画家たちの安いアトリエとして活用された。
 > 1920年、陶芸家バーナード・リーチと濱田庄司は日本からイギリスへ移り、
 > セント・アイヴスに日本式の登窯「リーチ・ポタリー」を開設した。
 > リーチと濱田は、東洋の陶磁器に影響を受けた作品制作や、
 > セント・アイヴスの畑から出土するスリップウェアなど
 > 工業化以前のイギリス民間陶器の再発見をしたが、
 > これはイギリス現代陶芸の転換点であったほか、
 > セント・アイヴスと国際的な20世紀美術との最初のつながりになった。
 > 1928年、アルフレッド・ウォーリス、ベン・ニコルソン、クリストファー・ウッド
 > という三人の芸術家がセント・アイヴスに芸術家のコロニーを作りはじめた。
 > ピエト・モンドリアンなどもセント・アイヴスを訪れ、
 > 海の風景や明るい陽光は今日に至るまで
 > モンドリアンはじめ多くの芸術家を触発してきた。
 > 1939年の第二次世界大戦勃発とともに、
 > ベン・ニコルソンとその妻で彫刻家のバーバラ・ヘップワース、
 > 友人でドイツからイギリスに逃げてきたナウム・ガボの三人が移転してきた。
 > 彼らによって、ロンドンから遠く離れたコーンウォールの西端に、
 > 国際的なモダニズム芸術や前衛芸術、
 > 抽象芸術のイギリスにおける前哨が確立し、
 > 戦後もセント・アイヴス派と呼ばれる多くの芸術家が居を構え、
 > 大西洋の対岸のアメリカで起こった抽象表現主義と交流しながら
 > 抽象絵画の運動をおこしていった。
 > バーバラ・ヘップワースのアトリエは後に遺言により
 > 「バーバラ・ヘップワース美術館・彫刻庭園」となり公開され、
 > 1980年以来ロンドンのテート・ギャラリーの管理に置かれている。

  
参考:
セント・アイヴス – Wikipedia [Link]
だれも知らなかった アルフレッド・ウォリス -ある絵描きの物語 [Link]
「アルフレッド・ウォリス展」東京都庭園美術館 [Link]
バーナード・リーチ – Wikipedia [Link]
リーチ工房 BERNARD LEACH [Link]
濱田庄司 – Wikipedia [Link]
濱田庄司 ・ Hamada Shouji ・ Japanese Mingei Potter [Link]

London Festival of Architecture – ロンドン 建築フェスティバル

London Festival of Architecture [Link] – ロンドン 建築フェスティバル

ロンドン建築つながりでこれをメモ。
最近、ロンドンが建築関係の展示でにぎわっているなと思ったら、
どうやら、建築フェスティバルの最中だそうです。
個人的には、The HaywardギャラリーのPsycho Buildings展が面白かったです。
ブリック・レーンを散歩したついでに、
ノーマン・フォスター卿の スイス・リ本社ビル 30 St Mary Axe の足元にいってみる。
このロンドンで一番目立つランドマークの足元でも
建築フェスティバルのパネル展示をやっておりました。
ちなみに、このビルのあだなは、ガーキン(The Gherkin)。
ピクルスに使う小さいきゅうりのことです。
以下、他の建築フェスティバルの主な展示をメモ。
 China Design Now
 20 June – 20 July, Victoria and Albert Museum
 Poly&Chai
 20 June – 20 July, Victoria and Albert Museum
 Psycho Buildings: Artists and Architecture
 19 June – 31 July, The Hayward
 
Richard Rogers
 20 June – 20 July, Design Museum
 Skin + Bones: Parallel Practices in Fashion and Architecture
 20 June – 31 July, Embankment Galleries, Somerset House
 Storefront London
 21 June – 20 July, 11am – 6pm, Pop-up Storefront London
 Embassies Project map & Cityscapers Exhibition
 23 June – 20 July, The British Council
 London Festival of Architecture Headquarters
 20 June – 20 July, 8am – 6pm, LFA HQ
 AA School Pavilion & Projects Review 2008
 5 July – 26 July 2008, AA School

参考:
最大級の建築フェスティバルに沸くロンドン – L-Cruise – 日経 [Link]
Wallpaper London Festival of Architecture [Link]
ノーマン・フォスターによるロンドン建築フェスティバル [Link]
BD online Foster’s LFA installation [Link]
London Festival of Architecture 2008 Yuna Yagi | DESIGNTOPE [Link]
London Festival of Architecture – Architecture – Wallpaper.com [Link]

Battersea Power Station redevelopment – Rafael Vinoly Architects

Battersea Power Station redevelopment [Link]
Rafael Vinoly Architects

ロンドンの古い建築つながりで、
Rafael Vinoly の Battersea Power Station 再開発計画をメモ。
朝、雨が降っていたけどかまわず、バターシーパークへ。
ハイドパークの南、テムズ川の南岸にある大きな公園です。
着く頃には、透明になりかけてる雲の向こうに青空が見えていました。
森の向こうに見える4本の煙突がここのランドマークになっている発電所。
その周辺を、東京国際フォーラムの設計で有名な
建築家 Rafael Vinoly の設計で再開発するそうです。
この公園は、夏目漱石がロンドン大学に留学している時、
自転車で散歩していたそうです。
僕もひげをはやして真似をしてみようか。
ロンドンのマーケットというと、
PORTOBELLOCOVENT GARDEN が有名ですが、
ここバターシーパークはマーケットは観光地化していなくて、
いろいろと掘り出し物がみつかる面白いマーケットです。
 > Architect Rafael Viñoly has unveiled plans
 > for the redevelopment of Battersea Power Station in London.
 > The proposal, for developer Treasury Holdings,
 > includes a 300 metre high tower and an “Eco-Dome”.
 Battersea Power Station is reborn!
 > Real Estate Opportunities Limited (“REO”),
 > a London listed property company, today launched
 > its new vision and masterplan for Battersea Power Station.
 > The iconic Battersea Power Station is to be brought back
 > to life in the most advanced sustainable development
 > ever to be built in this country. For the first time
 > in a quarter of a century, Battersea Power Station
 > will be used to generate electricity again
 > but from renewable sources rather than coal.
 > Rob Tincknell, Managing Director of REO’s development manager,
 > Treasury Holdings UK, said:
 > “We don’t embark on projects that we can’t deliver.
 > We are determined that Londoners will not be disappointed
 > and this area will be brought back to life in the most spectacular way.
 > It will be a place to live, work and play.”
  
参考:
Rafael Viñoly Architects PC [Link]
東京国際フォーラム – Wikipedia [Link]
Rafael Viñoly – Wikipedia, the free encyclopedia [Link]
Battersea Park [Link]
Battersea Park – Wikipedia, the free encyclopedia [Link]
Battersea Power Station – Wikipedia, the free encyclopedia [Link]
ロンドンマーケット情報 [Link]
イギリス・マーケットの基礎知識 [Link]
バターシーブートセール walk with a camera! [Link]

ロンドンマラソン – Flora London Marathon


散歩つながりでロンドンマラソンをメモ。
今朝から家の前をものすごい数の人が観戦にきています。
今年の見所はマサイ族の戦士が、
村に井戸をつくる資金集めのために、タンザニア北部から出場。
靴は廃タイヤで作ったものだそうです。
2007年に第一回大会が開催された東京マラソンは、
来年は3月22日に開催だそうです。
徒歩でいいなら参加したいな。
 > ロンドンマラソン(London Marathon)は
 > 1981年以来ロンドンで毎年4月に開催されるマラソン大会である。
 > 一般的な42.195kmを走るマラソン大会ではあるが、
 > 通常の大会とは異なり巨大なスポーツの祭典となっている点が特色である。
 > ロンドンマラソンの企画・創設はオリンピックの障害競走の元チャンピオンであり、
 > スポーツジャーナリストのクリス・ブラッシャーにより、
 > ニューヨークシティマラソンを参考にして始められた。
 > 彼はマラソンを従来とは異なる「市民のマラソン」を
 > 現実のものにしようとしてこの大会を創設した。
 > 大勢の一般参加者が参加し多くの市民が応援する
 > この大会はこの夢を現実のものとしたものだろう。
 > 参加応募は常に定員を相当数オーバーしており、
 > 出場許可が得られるものは4万人を超える。
 > これは世界最大のマラソン大会である。
 > 同時にグリーンウィッチ・パークからクッティー・サック、タワーブリッジ、ドックランズ、
 > イーストエンド、ロンドン塔、バッキンガム宮殿、ザ・マル (ロンドン)へと抜ける
 > コースのいたるところに応援する市民の姿が見られ、コースを進むにつれ増えていく。
参考:
Flora London Marathon [Link]
東京マラソン2008 [Link]
ロンドンマラソン2007:テレビ東京 [Link]
UK-JAPAN2008 WEBサイトに記事掲載! [Link]
感動体験! ロンドンマラソンとロンドントライアスロン [Link]
CNN.co.jp:マサイ族の戦士、「井戸」のためロンドン・マラソン出場へ [Link]
MSN産経ニュース ロンドンマラソン、レルが連覇 [Link]
ロンドンマラソン – Wikipedia [Link]
時事ドットコム マサイ族戦士、4人完走=ロンドンマラソン [Link]

蛇崩川


フィールドワークつながりでメモ。
よく時間のある時に地図で川の痕跡をみつけては、
それをトレースフィールドワークします。
ロンドンでも小さな川をみつけては辿ったりするのだけど、
やはり東京のほうが地形を感じられたり、
あるはずの川が埋められてたり、庚申塔や橋の欄干が残ってたり、
潜んでる物語の総量が多い気がします。
東京は地下に埋まってる川がたくさんあります。
そんな、「見えない川好き学会」の中でも、ファンの多い蛇崩川をメモ。
 > 東京都世田谷区弦巻5丁目の馬事公苑付近に源を発する。
 > 昔は品川用水の悪水吐からの水を受けていたものと考えられている。
 > 東流し、弦巻3丁目にて桜新町2丁目からの支流を合わせる。
 > 弦巻通りと平行して世田谷警察署付近で玉川通りと交差し、
 > 下馬1丁目にて野沢公園付近からの支流を合わせ目黒区に入る。
 > この付近を蛇崩という。上目黒4丁目で祐天寺駅付近からの支流を合わせて
 > 東急東横線中目黒駅付近で目黒川に合流する。
 > 昭和五十年代に暗渠化され、現在に至る。
 > 支流も含めてほぼ全域が暗渠化されており、
 > 開渠になっているのは目黒川合流部のわずかな区間のみとなっている。
 > 暗渠部分のほとんどは緑道として整備されている。
 > ほぼ全域が下水道幹線に転用されており、
 > 汚水の一部が東横線高架手前のマンホール内で分水されて
 > 主に降雨時に目黒川に合流している。
参考:
蛇崩川 – Wikipedia [Link]
わが街「蛇崩」の由来は? [Link]
蛇崩川緑道散歩 [Link]
目黒の地名 蛇崩 (目黒区) [Link]
上町(烏山川緑道)三宿池尻(目黒川沿い)中目黒(蛇崩川緑道) [Link]

ヴィアデュック・デザール – Viaduc des Arts

バスティーユから改装中のオペラ・バスティーユを横目に
今回のパリ調査で最も見に来たかったヴィアデュック・デザールに来てみました。
かつての鉄道高架の上を緑道にし、
アーチの下に生地専門店、絵画修復の工房、花屋、カフェが入っています。


より大きな地図で 散歩・旅行 ランドスケープメモ を表示

大学学部の卒業制作で下北沢の小田急線地下化後の
緑道の設計をした時に参考事例としてチェックしていたのでした。
当時から思っていたのは、
日本にこんな素敵なレンガ造りの高架があれば残したいと思うけど、
残念ながら日本の高架はネズミ色の鉄筋コンクリートか
下北沢の井の頭線にみられるような土手です。
丸の内のオフィス改革の時に赤レンガの建物を壊して
近代的なビルを建てたように、
きっと何十年も前にはいまほど赤レンガの建物なんて
「お洒落」という印象とは違ったのかもしれません。
予め奪われてしまっている現在の日本において
僕らの世代が公共的なランドスケープをつくる際に考えるのは、
現在はその価値に気がついていないものに価値を見出すか、
或いはかつてそこにあった建築やランドスケープを再現するという方向の2つです。
前者は、例えばヨーロッパでは近年盛んにみられる
空き倉庫や工場をリノベーションして商業施設やアトリエにするというもの。
日本ではまだこうした建物そのものの価値を一般的には認められていない気がしますが、
恵比寿のZESTや寺田倉庫が手がける天王洲のTYハーバーのように
いくつかの事例がみうけられます。
パリにおいてエッフェル塔やルーブルのガラスピラミッドがそうだったように
都市における建築物の評価というのは難しい。
何故なら時間とともにそれが変化するからです。
都市の歴史的な文脈(コンテクスト)にそって内容(コンテンツ)が描かれるべきとする、
つまり街になじんだ建築がつくられるべきというのが
良い建築・悪い建築のひとつの評価軸になりえるものの、
難しいのは、都市においては建築やランドスケープは、
時間が経つにつれてコンテンツがコンテクストになり得るということだ。
つまり、異物としてつくられたエッフェル塔が、いつのまにパリの象徴となり、
今度はパリの多くの建物がエッフェル塔を向いて建てられているという事実。
これが難しい。何がいい建築なのかわからなくなる。
だからもしかしたら、いま東京でみられる風景で、
電線が空を覆う小さな道 や コンクリートの高架高速道路など
忌み嫌われる東京オリンピックと高度経済成長の負の遺産は、
もしそれらを一掃して広幅員の街路にしてしまったら、
「あのなつかしい風景をなんで消しちゃったんだろ」と悔やむかもしれない。
実際、東京の歴史を調べているとなんでこれ壊しちゃったんだろ
っていう事例は懐かしいとか芸術的だとかっていう感情的な問題ではなく、
産業体として残しておけば大きな観光資源になっただろうにと思うものばかり。
後者の「再現」という設計の方向においては、玉川上水の復活にあるように、
ノスタルジーとは別の次元で都市において
それが必要な理由が明確にされる必要があるでしょう。
生物多様性とかヒートアイランド対策が近年の常套句なのかな。
なんてことをぶつぶつとつぶやきながら、ガラガラスーツケースを引いてパリを歩く。
これは本当に見に来てよかった。また今度ゆっくり見てみよ。
ただし次回はスーツケースをちゃんとどこかに預けて観光したい。
パリの道はおっしゃれな感じなので、スーツーケースが進まない進まない。
パリ調査が終わる頃には腕が動かなくなってました。いい修行になりました。
スーツケースをガラガラと歩きやすくするネズミ色アスファルトの機能性と
パリの歩道を覆う、石畳のおしゃれな見た目。
その両方のいいところどりができたらすごくいい提案になりそうだ。

ヴィアデュック・デザールViaduc des Arts

オペラ・バスティーユは、かつてのヴィンセンヌの森への国鉄近郊線の発着する駅舎を取り壊して建てたものその裏から続く高架線下が、職人のアトリエ、またインテリア、楽器などのブティック街、ヴィアデュック・デザール Viaduc des Artsとして生まれ変わった。高架線跡には鉄道の代わりに「緑の散歩道」が作られ、ヴァンセンヌの森までののどかで美しい散歩道となっている。かつて、パリの中心地から「あまりに離れている」、と旅行客の足が遠のいていた、ヴァンセンヌの森に至るまでの南東地区も一転して近くなり、今は活気付いている。

これより先に開発の進んでいたベルシー地区(リヨン駅南に位置する)も昔は酒蔵のあったところ。現在は多目的総合体育館をはじめ、現代的なアメリカン・センター、さらにノボテルなどのホテルが建ち、あとは食料品の見本市の完成をまつばかり。現代建築に囲まれた公園には、小さなブドウ畑が残り、かつて、ワインに縁深かった土地であることがうかがえる。
地球の歩き方 より抜粋

参考:
Le Viaduc des Arts [Link]
『芸術の高架橋』をお散歩 Viaduc des Arts »パリ発毎日更新フランス [Link]
パリ 装飾芸術美術館 と Viaduc des Arts-高架線下のアトリエ [Link]
パリの美術館・博物館 12区[フランス・ツーリズム旅行情報局] [Link]
お出かけ日記 : Viaduc des Arts(ヴィアデュック・デザール)@Paris,4e [Link]

パリのセーヌ河岸 – Paris, rives de la Seine

世界遺産に登録されているセーヌ川沿いを散歩。
さすが、ロンドン(テムズ川)、ローマ(テヴェレ川)、ブダペスト(ドナウ川)、
にならぶ河川軸都市というだけあって、
川を軸にして都市機能の分布をみてみると面白い。
ロンドンのテムズ川に比べるとだいぶ川と歩行者との距離が近い。

 > 「パリのセーヌ河岸」は、フランスにあるユネスコ世界遺産のひとつ。
 > 首都パリを流れるセーヌ川の川岸のうち、
 > シュリー橋からイエナ橋までのおよそ8kmほどが登録対象となっている。
 > これには、中州であるシテ島とサン・ルイ島、および区域内に架かる橋も含まれている。
 > 登録対象地区はパリの中心部であり、この都市が辿ってきた歴史がよく現れている。
 > この地区には、ノートルダム大聖堂などの中世の建築群や、
 > エッフェル塔などの近・現代建築群のように
 > 観光名所としてもよく知られた建築群が含まれる。
 > また同時に、19世紀における優れた都市計画であり、
 > 全世界のその後の新興都市計画に影響を及ぼしたオスマン男爵による
 > パリ改造を限定的ながら例示するものともなっている。

参考:
パリのセーヌ河岸 世界遺産 徹底ガイド by 旅行のクチコミサイト [Link]
NHK 世界遺産の旅 【パリのセーヌ河岸】 [Link]
パリのセーヌ河岸 [Link]
パリのセーヌ河岸 旅スケジュール-地球の歩き方[旅スケ] [Link]
セーヌ川 -Wikipedia [Link]
la Seine(セーヌ川) [Link]

東京散歩 まとめも


ひとつひとつメモするのは面倒なので、まとめてメモ。
今年は展示会をみてまわりながら、
銀座、丸の内、ミッドタウン、六本木、表参道、横浜の
イルミネーションをチェックしました。個人的にはミッドタウンと丸の内の
シャンパンゴールドLEDが気に入りました。
上の写真は、東京ミッドタウンのクリスマスイルミネーション。
芝生を青色LEDで覆う。直接みると、目がチカチカする。
これを丸の内でつかってたシャンパンゴールドLEDでやったら最高です。
 エプソンカラーイメージコンペ受賞作品展@SPIRAL
 ・植物の周辺図鑑 矢後直規
  「地中に潜む虫」、「石の下に潜む虫」、「樹に潜む虫」など
  樹の周辺の生き物たちを集めた図鑑
  こういう切り口の面白さで世界を再編集した図鑑は
  これからもいろいろでてきそう。
 ・電車の中 西元哲太郎
  電車の中の何気ない風景。特に満員電車に押し込まれている時の風景
 ・大事な人に贈る手紙 岡崎真悟
 ブルーノ・ムナーリ展@板橋区立図書館+SHIODOME ITALIA
 闇の絵本
 ムナーリのフォーク:フォークを指に見立てる
 本の前の本:文字を用いない伝達
 ダイレクトプロジェクション
 ゼログフィーア:ゼロックスのコピー機をつかって作品をつくる。コピーとオリジナル
 日本の木:「木」という漢字をつかって木を描く
 葉っぱをつけよう:木のシルエットに葉を描くワークショップ絵本
 竹 瀧口修造:日本の竹細工図鑑 未発表
 時による完成:使われ続けることで完成した美しさ 譜面台
 無名の人のためのコンパッソ・ドーロ
 旅行のための彫刻:折りたたみできる、持ち運び可能な彫刻
 ものがたる:タイトルが決まれば話はそこから自然に転がる。
 子供は奇想天外なストーリー展開を望んではいない
 明かりを取り出す、日常を詩的にする
 言葉か図像か?、読めない本
 空想上のオブジェの理論的再構成
 本に出会う前の本
 豊久将三@ポーラ ミュージアムアネックス
 白い部屋に天井から高輝度LEDが先端についた棒がぶら下がっていて地面を照らしています。
 そこから水滴が少しづつたれていて、
 水滴がLEDの先端に溜まって少しずつおおきくなってやがて落ちる。
 水滴のレンズ効果によって部屋を照らす明かりが変化するというもの。
 耳を澄ますと水滴が落ちる音が聞こえる。
 当然、その音と光のゆらぎがシンクロしてゆらぐ。