麒麟図



普段、掲載しているイラストは、いつも持ってるメモ帖に
製図用の0.3mmシャープペンシルと
Shignoの0.3mmボールペンで描いている練習スケッチです。
最近、中国のお土産で墨をもらったので、ためしに描いてみました。
新しい画材はいろいろ発見があって、時間を忘れてたくさん描いてしまう。
これは最初に描いたらくがき。
シャーペンやボールペンともっとも違うのは、対象物を面的にとらえて描くことかな。
癖で、物体を輪郭で理解してしまいがちなのですが、
実際に、物体には輪郭線はないのかもしれない。
面的なとらえ方をみつけようと目を凝らす日々です。
参考:レオナルド・ダ・ヴィンチ-モナ・リザ (EPSON~美の巨人たち~) [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です