陶芸の部屋の片隅



そう言えば一番身近な実家の写真をあまり撮ってなかった。
大きな地震がきたら、ぱたんっと倒れそうな古い我が家。
異国に旅たつ前に、地震で無くなってしまう前に写真に収めておこう。

今日紹介するのはそのうちの一枚。
家の写真というより、父の作品。父の副業は陶芸です。

今は日産自動車のデザイン部を引退して
オリベ想創塾[Link]という所で
岐阜の地場産業の為のデザイン塾で教鞭を執っております。
たまに、土日は釜に火をいれているよう。

その釜の上扉がいい風合いなので、茶碗をのせて写真にとる。
ちなみに僕は、何度か教えてもらいながら器を作ったことがあるのだが、
釜の使い方はいまだによくわからない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です