金魚の映りこみ [Link]淀屋辰五郎



いよいよ、今週末で終わりのペピンの舞台。
一年間の仕事がここで終わると思うと感慨深いです。
予約も順調に埋まってきているようです。
小さい劇場ですので、予約はおやめに。
詳細はまだ舞台を見に来てくれた人だけの秘密ですが、
今回の舞台美術に関連して、NHK美の壷の金魚特集で紹介されていたので、
淀屋辰五郎の自邸をメモしておきます。
天井にもうけられた金魚の水槽、部屋の障子戸に揺らいだあかりが映りこんで綺麗でした。
 > 最後に江戸時代の暮らしをのぞいてみましょう。
 > こちらは、大阪の豪商 淀屋辰五郎(よどやたつごろう)さんのお宅。
 > 金魚は… なんと天井に。お得意さまを喜ばせるしゃれたインテリアです。
 > 江戸時代の豪商で知られている淀屋辰五郎は、
 > 天井にとりつけたガラス製の大きな水槽の中にキンギョを泳がせ、
 > 下から眺めることにより暑気払いをしたと伝えられている。
参考:キンギョ (Wikipedia) [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です