金刀比羅宮 書院の美 [Link]応挙・若冲・岸岱



オゾンの展示の関係でチケットをもらったのでメモ。
応挙の遊虎図を見に行ったら、若冲の花丸図も展示してありました。
 日程:2007年07月07日(土)~09月09日(日)
 休館:月曜 (7/16、8/27は開館、7月17日(火)、8月25日(土)は閉館)
 時間:10:00~17:00 (入館は閉館の30分前まで)
 場所:東京藝術大学大学美術館
 料金:一般1,300円 高校・大学生800円 中学生以下無料
 
 > 香川県琴平町の金刀比羅宮は「こんぴらさん」の愛称で全国の人々に親しまれ、
 > 古くから篤い信仰を集めています。
 > この社が、膨大な文化財を伝えてきた「文化の森」でもあることは
 > 近年よく知られるようになりました。
 > 特に、2004年の「平成の大遷座祭」を記念した展覧会「金刀比羅宮のすべて」では、
 > 国の重要文化財に指定されている表書院と奥書院の障壁画が公開され、
 > 全国から多数の参拝者が訪れました。
 > 奉納されてきた数々の美術品のなかで、
 > 表書院の90面におよぶ円山応挙(おうきょ)(1733-95)の障壁画は、
 > 応挙美術の頂点ともいえる壮大な作品群です。
 > また奥書院にある伊藤若冲(じゃくちゅう)(1716-1800)の≪花丸図≫(1764)は、
 > 四方の壁に四季の花々が描かれ、まさに百花繚乱の豪華さを呈しています。
 > 今回の展覧会では、応挙や若冲さらには
 > 岸派2代目・岸岱(がんたい)や邨田丹陵らが両書院に描いた障壁画から、
 > 襖絵など約130面を美術館に移動し、可能な限り両書院の空間を展示室内に再現します。
 > 金刀比羅宮に残る障壁画がこれほど大規模に境内外で公開されるのは初めてです。
 > 奉納された絵馬や船の模型なども併せて展示し、金刀比羅宮の美と信仰の世界を紹介します。

参考:
金刀比羅宮 [Link]
金刀比羅宮 (Wikipedia) [Link]
東京藝術大学大学美術館 [Link]
「金刀比羅宮 書院の美」展が始まる 東京・上野 (asahi.com) [Link]


「金刀比羅宮 書院の美 [Link]応挙・若冲・岸岱」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です