道路から知床旅情伝わる [Link]



溝の間隔変えてメロディー

これは面白そう。北海道に行ったら何往復もしちゃいそ。
最近、北海道にいろいろ見に行きたいものが降り積もってます。
去年、地下鉄のトンネル広告(サブメディア式)が話題になりましたが [Link]
こういう移動時間を利用したメディアは、これからまだまだ増える隙間がありそう。

> 道路にさまざまな間隔で溝を付け、
> 通過する車にメロディーのように振動を伝える「メロディーロード」を、
> 北海道立工業試験場と土木会社篠田興業(標津町)が開発、特許を出願した。

> 知床半島の道路で「知床旅情」、富良野は「北の国から」などと、
> ご当地ソングを“演奏”させれば、長時間ドライブの眠気防止に役立ちそうだ。

> 仕掛けは、アスファルト道路に深さは数ミリとほぼ一定で、
> 幅を6ミリから12ミリにした溝を横に付ける。
> 溝を密集させると高い音階が、まばらなところは低い音階が出る。
> 技術的には、溝の幅と間隔を変えるだけでどんな音も出せ、
> 安全面でも問題はないという。
> 既に250メートルの道路を使い、15秒間の知床旅情の演奏に成功した。

> 北海道新聞 [Link]より


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です