透明


透明 [Link]
Wikipedia

ヒトは半透明な生物として観察される。
 > 光が透過すること
 > 一般に「透明」とは光(可視光線)に対してのことを言う。
 > そして光は電磁波の一種であるので科学的に一般化して、
 > ある物質がある電磁波に対して透明であるとは、
 > その物質と電磁波との間に相互作用が起こらず、
 > 電磁波の吸収および散乱が生じないということを意味する。
 > ある物質が電磁波を吸収する場合、その物質は吸収した波長の補色に色づいて見える。
 > 例えば、葉緑素は赤色に相当する680 – 700 nmの波長の光を吸収するため、
 > 補色の緑色に見える。
 > 濁っていないこと
 > また、ある物質が電磁波を散乱する場合にも、その物質は色づいて見える。
 > 散乱は物質が電磁波の波長と同等の単位構造をもつときに生じる。
 > 例えば水は可視光線を吸収しないためまとまった量では透明に見えるが、
 > 細かい粒子になると光を散乱するため不透明となる。
 > 霧や湯気が白くみえるのはこのためである。
 > したがって、透明であるかどうかという評価は、
 > 対象とする電磁波の波長を特定しないと行うことができない。
 > 窓ガラスなどは可視光線に対してはほぼ透明であるが、
 > 紫外線はあまり透過しないため、紫外線を感知する生物にとっては透明とはいえない。
 > 反対に、もしX線を感知する生物がいるとすれば、
 > ヒトは半透明な生物として観察されるであろう。
参考:
光学迷彩 (東京大学 舘研究室) [Link]
透明なデスクトップ (Forums MacBidouille) [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です