触れるサイト [Link]hi-touch au



auの携帯電話をマウスで触りながら紹介するサイト。
マウスの動きに応じていろいろな反応が起こる。
ちょっと扱いに慣れないけど、なかなか面白い。
ここ最近は、仕事で触覚のあるインターフェイスのデザインを考えています。
プロダクトデザインにしても、グラフィックデザインにしても
視覚や聴覚を中心に構成されるのに、触覚の部分は意外とまだまだできることがあります。
以前、Vodafoneの気ぐるみ携帯というのがありましたが、
牛やアイスや芝生など携帯電話をいろんな素材に見立てる手法はわくわくしました。
ただ残念なのは、みんな同じシリコンでつくっているので、
触り心地にはそれほどバリエーションがありませんでした。
大量生産にのせてコストダウンをはかるために
デザインからいつも触覚の部分は後回しにされてきたのかなと。
だから、商売にはなりにくいかもしれないのですが、
この部分はこれからのデザインを考える上で大きなキーホールなのだと思います。
今は、単純に映像をやりとりするモニタなどに
触覚をつかったインタラクションのある装置をいくつか考えております。
参考:
クロノスプロジェクタ [Link]
触覚コンタクトレンズ [Link]
力覚感覚提示インターフェイス [Link]


「触れるサイト [Link]hi-touch au」への1件のフィードバック

  1. 福島智 (障害学) 爆笑問題のニッポンの教養 – promotion of a barrier-free society

    目が見えず、耳が聞こえない東大教授・福島智さんの特集。 この放送をみて何よりも感…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です