表現型の可塑性 [Link]Wikipedia



盆栽の性質。
 > 表現型の可塑性(ひょうげんがたのかそせい)
 > または表現型可塑性(ひょうげんがたかそせい)とは、
 > 同じ遺伝子型を持つ個体において、周囲の環境によって表現型を変化させること。
 > 周囲の環境に合わせて個体の姿形が変化したりすることもある。
 > 同じ個体群の中に異なる遺伝子型の個体を含み、
 > それらの姿形が異なる多型とは異なるものである。
 > 性質の利用
 > 園芸において、植木鉢のサイズを抑えて、
 > 植物のサイズを抑えるという手法は古くから行われている
 > (顕著な例として盆栽を参照)。
 > アクアリウムでは、水槽のサイズや餌の量を抑えて魚の成長を抑えるということが、
 > 大型魚の飼育などにおいて行われることもある。
 > また、アクアリウムでは多くの水草を完全に沈水した状態で栽培するが、
 > これらの水草の多くは完全な「沈水性」の水草ではなく、
 > オモダカ科や水生シダのように
 > 「湿地性~抽水性」または睡蓮のように「浮標性」の植物である。
 > アクアリウムで栽培される際は「水中に適した表現型」という形態をとっているのである。
 > これらの水草の栽培を行う際、ファーム(主に水草の業者の)では
 > 水上葉で栽培し出荷するケースも多い。
 > これは水上葉の方が容易かつ低コストで栽培可能な上、
 > 繁殖のスピードも速いといった理由からである。
参考:盆栽 (Wikipedia) [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です