荒木経惟展 -東京人生- 江戸東京博物館


荒木経惟展 -東京人生- [Link]
江戸東京博物館

写真つながりでアラーキーの展覧会。
40年以上も撮り続けてきた東京を通じて、
東京の下町で生まれ育った荒木経惟の人生をたどる展覧会。

 日程:2006年10月17日(火)~12月24日(日) *月曜休館
 時間:9:30~17:30 (土曜は19時30分まで)
 場所:江戸東京博物館 5階 常設展示室内 第2企画展示室ほか
 > 1940年に東京の下町、三ノ輪に生まれ育った荒木は、
 > 40年以上にわたり、“東京”という街、人々、時代を撮り続けてきました。
 > 本展は、三河島に戦前からあるアパートに住む小学生の兄弟や
 > 仲間のこどもたちの日々の姿を生き生きととらえた『さっちん』(1963年)から
 > 2006年の最新作まで約600点による個展を、江戸東京博物館全体を会場にして行います。
 > 荒木の手作りの写真集『スケッチブック写真帖』や
 > これまで一度も発表されることのなかった
 > 1960年代から70年代前半の多数の未公開作品を含み、
 > 東京と時代の変遷が、荒木の両親や三ノ輪の実家、妻・陽子との出会いから別れ、
 > 日常の風景によって紡がれ、荒木経惟という一人の写真家の人生をたどる『東京人生』。
 > 大判のモノクロ写真に彩色したフォトペインティングとカラー写真による『平成色女』、
 > 今年の夏にデジタルカメラで撮影した『色夏』、花の作品群『百花淫乱』などの新作を紹介します。
 > 常設展示室の「中村座」のスペースでは、
 > 歌舞伎役者・中村勘三郎をはじめとした人気役者と
 > 舞踏家・大野一雄のポートレートを展示します。

参考:
東京人生SINCE1962 荒木経惟 (Amazon.co.jp) [Link]
ARAKI NOBUYOSHI 公式サイト [Link]
インタビュー:荒木経惟さん (らっしゃい東京) [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です