花の発生とその影響 [Link]サイエンスZERO



花を持った植物、つまり被子植物の発生が
哺乳類の進化に与えた影響について。
最近もっさり植物の名前を覚えてますが、この話はしらなかった。
愛読書はニュートン。
 放送日:2006年9月16日(土) 19:00~ 教育
 再放送:2006年9月19日(火) 00:40~ 教育
 > 私たちほ乳類の祖先が誕生したのは今から2億2千万年前。
 > 実は恐竜誕生とほぼ同じ頃だった。
 > 恐竜がその後体長数十メートルまで巨大化するなど
 > 多様な進化を遂げたのに比べ、
 > ほ乳類の体長は1億年以上の間数十㎝程度にとどまっていた。
 > 圧倒的に地上を支配した恐竜の片隅で
 > ひっそりと生き延びる存在だったのだ。
 > しかし、その間ほ乳類の体内では
 > 現代の私たちへとつながる驚くべき進化が成し遂げられていた。
 > ほ乳類が恐竜と共存していた1億5千万年の間、
 > ほ乳類が特に発達させたのはその繁殖の方法だ。
 > 当初卵によって繁殖を行なっていたほ乳類は、
 > 恐竜の攻撃から逃れ、確実に子孫を残していくために
 > 胎盤を獲得し、より長い時間自分の体内で
 > 子どもを育てるように進化していった。
 > その背景には恐竜時代に起きた酸素濃度の上昇が
 > 深く影響していたと考えられている。
 > お腹の中で子供を育てる為には、
 > ある一定以上の酸素濃度があることが不可欠だったのだ。
 > そしてその酸素濃度上昇の影に、
 > 恐竜時代の半ば頃(1億2500万年前)に出現した
 > 「花」の存在があった可能性が見えてきた。
 > 恐竜が支配する地上の片隅で生きたほ乳類の驚くべき
 > 進化の足跡を最新研究から読み解く。
参考:
季節の花 300 [Link]
被子植物門 (Wikipedia) [Link]
花 (Wikipedia) [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です